中古車の買取で一括査定を使うときの流れと注意点を分かりやすく解説

今回は、車買取のまとめとして売却完了までの一連の流れと必要書類、その時々における注意点をのべていきます。

初めてご覧になった方にも判りやすく解説していきますので、安心して一括査定を利用することができますよ。

一括査定システムを利用するまえに

まずあなたが車を売られる予定であり、そして金額が折り合えばすぐにでも手放される意志を持っていることを前提として進めていきます。

広告などには、気軽に値段を調べるだけでもいいなんて書かれているかもしれませんが、それではとてもキチンとした査定金額が示されるとは思えません。たとえそうだったとしても、ある程度本気を示さねば向こうも本気を出さないものです。

車買取で最初に必要な書類

  • 印鑑証明書※1
  • (住民票※2)

まず印鑑証明書を二通用意しておきましょう。まだ早いと思われるかもしれませんが、いつでも決める事が出来るという余裕が後々効いてきます。必要書類は買取り店が用意しているので、敢えてこちらが用意する必要はありません。印鑑証明書は3ヶ月が有効期間ですので、少なくても一か月の余裕があるものをご用意してください。

※1 印鑑証明書は原則一通で間に合うものなのですが、最近の車買取店では自動車税還付金譲渡用にもう一通求められることがあります。自動車税還付についての詳しい解説はこちら↓

車を売る時の未経過分の自動車税等の還付金(払い戻し)について

※2 住民票ですが、検査書の所有者欄の住所と印鑑証明の住所が引っ越しなどで違っていたりした場合は必要になります。あらかじめ用意して、検査書の住所とのつながりを証明しましょう。

この他に、女性の方などご結婚されて姓が変わっている場合、戸籍抄本が必要になります。

一括査定システム利用の流れ

それでは実際の一括査定の流れをご説明します。

①一括査定サイトに必要事項を入力する

まず車を売ることにしたあなたがすることは、幾つかある一括査定システム会社のサイトに必要な情報を書き込みます。
※なるべく詳しく書きましょう。特にアピールポイントは忘れずに。

おすすめの一括査定サイトはこちら↓

【車を高く売るポイント】あなたのタイプにぴったり合った優良一括買取査定サイト

②掛かってくる電話を淡々とさばく

すぐに連絡があります。それを皮切りにひっきりなしに電話が掛かってくるでしょう。「今だったらこの値段で!」と言ってくるかもしれません。ここで大事なのは、何を言われてもすぐに決めない事です。

主要な車買取店のフリーダイヤルについて

休日を利用しないと、電話の為に仕事に差しさわりが出てくることもあります。仕事をしながらだと余裕を持てなくなる恐れがあります。

さらに、どの電話番号がどの会社なのか分からないと対応に追われることになると思うので、予め査定してもらう予定のお店のフリーダイヤルをスマホに登録しておきましょう。そうすると「あ、ガリバーだ」と備えることができます。

主要な車買取店 フリーダイヤル
ガリバー 0120-22-1616
ビッグモーター 0120-17-0001
ユーポス 0120-3737-62
カーセブン 0120-567-527
カーチス 0120-55-0010
ラビット 0120-514-889
アップル 0120-543-844

電話を極力さける方法

なお、なるべく電話を受けないようにする方法もあります。

中古車買取の一括査定はメールのみで利用できるのか?

③提示金額の高い複数のお店に絞り、高い順に査定してもらう段取りを決める

しばらくだまって連絡を受けた後、金額の高い方から二社と連絡をとり現物査定に移ります。
※複数のお店と連絡を取った場合、同時刻になることは絶対避ける事が大事です。各お店の査定間が少なくても2時間いや3時間は間があくように、調整しておいてください。
中古車の一括査定で業者を同時に呼び出すのは避けた方が良い3つの理由

 

これからが重要です。査定してもらう順序ですが、二社の内高い値段を付けた方を先にしましょう、これはまず先に高い値段を確定させておくという事です。本格的な交渉は2番手に値段を付けた方と行います。もちろんダメ元です。まず先に高い方の値段を確定させているため、余裕があるはずです。

ここで肝心なのは決して「前の方はこの値段だった」などと、比較するような言動はやめましょう 、それは禁句です。元カノと比べるようなものです、決して良い結果は産まれません、どちらとも、あくまで初めて査定してもらうつもりで交渉しましょう。

 

一点補足します。上で二社に絞ったのには理由があります。もちろん一社より二社、二社より三社の方が確率が上がるでしょうし、三社目が上位二社と殆どと言っていいほど変わらなければ、三社目も有望な交渉先になるかもしれません。では私がなぜ二社に敢えて留めたかと言いますと、あなたがそのプレッシャーに耐えられるのかという問題があるからです。

仕事柄交渉というものに慣れている方なら大丈夫でしょうが、殆どの人は日常交渉というものに接する機会は殆ど無いでしょう、そういう方が交渉のプロ相手に、それも三社の担当者と渡り合うのはなかなか大変です。私の事を考えてみても、交渉には結構神経を使い、終わった後の疲労感も結構あるのです。

人によると言えばそれまでなのですが、実際その場に立つと、半端ないプレッシャーを感じます。ただ値段を上げてくれというだけなら簡単なのですが、交渉中の会話の中にあとどのくらい上げられる余裕があるのかを素人さんが見いだすのはなかなか難しいでしょう。その緊張を三社の交渉でずっと持つことは無理ではないかと思うのです。もちろん自信のある方を止める物ではありません。

 

どうしても多数のお店に査定してもらいたいと言う時は、日にちを開ける事をお勧めします。一旦冷静になって、次の作戦を立てるほうが良いでしょう。自分からお店に出掛ける場合は大したことは無いですが、自宅に来られた場合は結構なプレッシャーがあります。※出先の場所を指定することも可能です。

④限界価格になるまで交渉する

そうしてお店同士に競っていただき、納得がいけば契約書にサインと捺印して、終わりとなります。その時に行う効果的な交渉のポイントがあります。査定額を限界価格まで上げる交渉術についてはこちらの記事を参考にして下さい。場合によっては自らの足も使います。

中古車買取店で高値で売却するための素人でもできる3つの交渉術

⑤商取引を安全に完了させる

これで終わりだ安心だという時が一番の落とし穴となりかねませんので、車売却の最後はキチンとしておきましょう。

まず、査定した値段には次のものが含まれているのかいないのかを確認しましょう。

  1. リサイクル料金
  2. 自動車税

これらは通常の車売却時には売却主に還付されるものです。査定額に含まれる場合もありますので、注意する必要があります。

車を売る時の未経過分の自動車税等の還付金(払い戻し)について

車のリサイクル料金が売却時に新しい所有者に還付される理由

さらに売却金は現金で受け取った方が無難です。現金と引き換えに車と書類を渡すというやり方が一番いい方法です。私なら後で振り込まれるからと言われても、車または書類を先に渡すようなことは基本的にしません。

「どうしても振り込みで」と相手にせがまれるのなら、「振り込みを確認してから車と書類を渡す」と言って下さい。ここは絶対妥協してはいけません。お互い初対面です。それが理解できない業者さんは信用できません。ここは遠慮したり、ましてや「業者さんに悪いな」なんて思う必要は一切ありません。それが商取引というものです。

交渉というものについて

以上が大体の流れですが、なかなか難しいかもしれませんね。でもこの一括査定システムは上手に利用すれば、とてもお得なシステムです。

難しいのは、初対面の人と交渉しなければならないために、どうしても気後れしてしまったり、高く売りたいために多弁になってしまうことでしょうか。多弁は相手に不必要な情報を与えてしまったり、その為にこちらの考えを読まれてしまう危険性があります。

むしろよく分からない風で決めかねている姿を装う事の方が大事です。そうすれば向こうが勝手に想像を膨らませ、目一杯の金額を出してきます。その方が口八丁手八丁で交渉するよりずっと効果的です。

 

私が交渉するにあたり無意識にですが気を付けていることは、前もって自分に余裕を持たせるために、分からない事は先に調べたり、やっておいた方がいいと思えることは済ませておきます。その上で相手はどのような意図をもって接してくるか、相手の目的は何かを明確に意識しておきます。

そうしないと、会話の中の相手の意図が読めなくなるからです。何気ない会話も必ずその中には意図が含まれます。逆にこちらは自分の意図は出来るだけぼかしていきます。そうすることで相手の疑心暗鬼を膨らませて迷路に導きます、そこにほのかな明かりを示すことで、自分の意図した出口に導いていきます。

これが私の交渉のやり方ですが、やっぱり難しいですね、それに腹黒いですね。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る