ヘッドライトの黄ばみ除去。裏技使わず素人でも出来る簡単な方法

中古車を売る時に、光っているものは光らせる。
その中で一番効果があるのは、ヘッドライトカバーですと以前ご説明しました。

そこで今回は中古車屋でも行っている素人でも出来るヘッドライトの簡単な磨き方をご説明します。

ヘッドライトが黄ばんだままだと残念な印象ですが、きちんと光っていると車の印象が格段に上がりますよ。

黄ばんだヘッドライトの磨き方

ヘッドライトの磨きはいろんな方法があり、カーショップにも専用のグッズがいっぱいならんでいます。しかし中古車店ではそう特別な物は使いません。耐水ペーパーとコンパウンドを使って根気よく磨いていくのみです。

作業前に必ず養生をしてください、そうしないと誤ってボディを傷付ける事になりかねません。具体的には、ヘッドライト周りをマスキングテープで覆います。水が垂れるバンパーなどはブルーシートで覆ってください。

目的は、紫外線と付着物による表面の汚れを削って一皮むく事です。削る為、耐水ペーパーは1500番2000番と数字の小さい方から使います。これはかなり細かいので時間がかかりますが、その分失敗しにくくなります。

 

この耐水ペーパーを、ヘッドライトをはみ出す事の無いように、四分の一程度に小さく切って使います。水につけながらただひたすら磨きます。時々拭き取って確認しながら一心不乱に磨きます、その後コンパウンドを使って仕上げていきます。ただこれだけです。これで十分きれいになりますし、無駄にお金をかける必要はありません、時間はかける必要がありますが。

 

こちらの記事は黄砂対策のボディー磨き記事ですが、そのままヘッドライト対策としても使えます。

車の黄砂を上手に洗車するために注意する5つのポイントとは

 

ただ古いものでは、材質のポリカーボネートが紫外線により表面だけでなく、内部まで変色していることがあります。

頑固な黄ばみは、業者などでは電動ポリッシャーなどで一気に畳み掛けることも多いのですが、一般の家庭にそんなものなかなか置いていないと思います(笑)。

手磨きで上記の方法を取ると、重症なヘッドライトでは一個少なくとも2時間~3時間は掛かります。場合によってはもっと掛かることもあります。腕がパンパンになりますし、日が暮れます。ある程度やってみて変わらないようなら、ヘッドライト、もしくはヘッドライトカバーを新しく交換するしかありません。

もっとお手軽にヘッドライト磨きたい!

上記ではヘッドライト磨きであまりお金を掛けずに時間をかける方法をお伝えしました。でもヘッドライトの黄ばみが軽症な場合は、もっとお手軽に磨ける方法があります。それが便利グッズです。

以下の様なものが使いやすいです。

これらの商品は耐水ペーパー掛けではなく、付属のクロスに付属のコンパウンドを付けてひたすら磨くタイプです。ささっとやりたい方にはおすすめです。ただし頑固な黄ばみは取ることができませんのでご注意。

 

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る