カーセンサーの一括査定はメールのみで申込することは一応可能

大手企業リクルート運営によるカーセンサーの車一括査定を利用しようと思ったあなた。そんなあなたに立ちふさがる壁が「電話ラッシュ」ではないでしょうか。

ただでさえ仕事で忙しく時間がもったいないから一括査定に申し込んでいるのに、職場で電話ラッシュなんか食らったらフラストレーション爆発ですよね。

でも大丈夫です。さすが大手のカーセンサー。メールのみで車査定の申込可能です。その方法をご説明します。

カーセンサーのメールオンリー一括査定の利用方法

カーセンサー車査定の電話ラッシュを避ける方法はとても簡単です。

ネット車査定に申し込む時、最後に任意項目「売却希望次期など、ご希望がある場合は、こちらをクリック」がありますのでクリックします。

 

すると下に新しい入力項目欄が開きますので、その中の連絡希望時間帯という場所の窓内に

「メールでの連絡を希望」

と入力しておくだけです。

 

電話だと即レスポンスがありますが、メールだと若干遅れるようでメール送信から1時間後ぐらいに返信が到着します。あとはじっくり吟味するだけです。こんなところも大手サービスらしいですね。

中には電話を掛けてくる業者もいる

ただし、完全に業者からの電話を0にすることはできません。

なぜなら大手の買取専門店などは電話自動応対システムを導入しているため、どうしても一部のお店からは電話が掛かってきます。これは私が申込んだ時もそうでした。名前は伏せますが、大手の2~3社ほどから電話が即座に掛かってきました(笑)。これぐらいは仕方ないと割り切りましょう。

実はカーセンサーの電話拒否テクニックは、非公認の技です。車買取業者からしたら顧客を獲得した時点で一括査定システムにお金を払っています。だからなんとしてでも顧客とアポを取り、成約に繋げたいと意気込んでいるのです。

それにはメールよりも電話のほうが遥かにレスポンスが良く成約に繋がりやすいため、業者としては電話を掛けたいはずです。だから通常メールのみというサービスを、業者からお金を受け取る側である一括査定会社が設けることはありません。あくまで裏技的手法ですので、そう認識しておいて下さい。

最後にアドバイス

大切なこととして、一括査定などになれていない査定ビギナーの方ですと、最初に掛かってきた電話の営業マンに「うちの会社が一番高く買い取れますから他の会社からの電話には出ないで下さいね!」なんて勢いよく言われ、まんまと丸め込まれてしまい、損をしてしまうことがあります。そんなことを避けるために、必ず複数の会社の見積りを出しましょう。

たとえ掛かってきた買い取り専門店が、テレビCMなどバンバンやっていてあなたもよく知っている会社だとしてもです。むしろその大手さんの方がグイグイ来たりしますので、大人な対応でスルーしましょう。大事なポイントですから気を付けて下さいね。

 

まぁ商談はメールで進めるよりも電話したほうが圧倒的に早いので、私は「メールのみ」で申し込んだ後、掛かってくる自動電話は対応できる分だけ対応し、後は自分のペースでこちらから電話を掛け直しています。

フリーダイヤルですから電話料金は一切掛かりませんし、電話しないと詳細を教えてくれないお店のほうが大多数だからです。

これは逆に言えば、メールで対応してくれてその上メール内に概算見積り査定価格を提示してくれているお店は良心的なお店という判断ができます。そういったお店を優先して商談を進めていきます。

そうして作戦を立てると良い結果が得られるので、私はいつもそうしています。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る