【車を高く売るポイント】あなたのタイプにぴったり合った優良一括買取査定サイト

  • 「車を高く売りたい!」
  • 「どうやって高く売るのか分からない!」
  • 「高く売る方法をすぐに知りたい!」

私は良く知人から車買取りについて相談を受けますが、皆、車売却について上記のような不安を持っていることが多いです。だからその時に相手に伝えて喜ばれている車売却ノウハウに一定の需要があると思い、このページを作りました。

これから、「車買取で後悔しないよう納得の高額査定で車を売る段取り」をあなたにもお伝えできるよう、分かりやすくご説明しています。

数々の一括査定サイトを効率良く利用して最高の結果を出す手順

まずはじめに。

あなたは「NOと言える人」ですか?それとも「NOと言えない人」ですか?それにより選ぶ方法が変わります。

車を最も高く売るためには、強い意志を持ってなるべく多く行動することが一番ですし、その点「一括買取査定サイト」はとても便利です。ただ、上手に利用するにはちょっとしたコツがあります。そして、あなたの性格によって当てはまるものとそうでないものとがあります。私は相談してきた人の性格から判断しています。

 

「交渉事が好きで好きでたまらない。営業マンとのやり取りを考えるとウズウズがしてしまう」という好戦的な方は少数派だとは思いますが、自分の意思をはっきり伝えることが苦手な場合は、一括査定サイトの営業マンとやり取りを繰り返すことがストレスになることもあります。

それにネットの情報などを見ていると、あまりの情報の多さに何が正しくて何が間違っているのかが分からなくなってくると思います。そうして時間ばかりが過ぎ焦って車を安く売ってしまうことにもなりかねません。そうやって多くの人が損をしています。

「どうでもいいから、俺の車を高く売るための最も簡単で確実な方法を今すぐ教えてくれ!」

という方は下のリンクをクリックして下さい。ページ下部へジャンプできます。

 

何も知らなければ、必ず車を安く売る羽目になるのが買取業界

私も昔はよく分からずに車を安く売ってしまったことがありました。

社会人になって必死に貯めた金で初めて買った中古車。とても大切にしていた車でしたが訳あって売ることになりました。中古で車両価格100万円で購入、2年後売却。まだまだ乗れる人気コンパクトカーだったのですが、たったの10万円という査定額でした。

当時は車の買取というものにまだ慣れていなくて、面倒なのもありそのまま売ってしまいましたが、後ですごく後悔しました。なぜなら、あとちょっとだけ手間を掛ければ、私の車は2倍~3倍ほどの査定額で売れると知ったからです。

 

後悔しているのはこれだけではありません。実は自分の車の買取で失敗するもっと前の学生時代、私は人よりも車に詳しいという理由で、友人から車売却に付き添ってくれとお願いされました。向かった先は大手のガ○バー。当時、車を買い取ってくれる専門店はあまり無かったと思います。まだまだ乗れる友人との思い出の詰まった車はたったの3万円にしかなりませんでした。

あの時、私は車に詳しいくせに全く買取査定の力になれず、悲しそうにしている友人の顔を直視できなかったのをよく覚えています。2つの悲しい思い出に共通している、車を安く手放すこととなった原因はなんでしょうか。それは、査定をたった一社にしか頼まなかったということです。

今ならあんな値段では絶対に売りません。なぜなら、もっともっと高く売る方法を知っているからです。

愛車を正しく評価してもらいましょう

車買取に関するちょっとした知識を知らないだけで、目玉が飛び出るほど損をしてしまうことがあります。あなたには、私のように悔しい思いを味わってほしくない。「車を高く売りたい!損をしたくない!」というあなたの気持ち、良く分かります。

そのため、私はあえてネット査定ランキングなどはやっていません。なぜなら、あなたという性格の人間にとって、車を高く売るための最高の方法はたった一つしかないからです。その為にどこまで行動できるか?時間をさけるかというお話になってしまうからです。

このサイト内のテクニックやノウハウ、それに査定サイト選びなどのご紹介の大前提として、「実際に今から私が車を高く売るとしたら必ずこうする」という行動指針のもとに記事を揃えています。自分の家族や親戚にもおすすめしていることです。

あなたの車に高値を付けるには、ご自身の性格をよく考えて、最適な選択肢を選ぶことが大切です。

手間と時間を短縮して高く売るためには…

私も経験がありますが、働きながら車査定のためにお店を一軒一軒回るというのは凄く大変です。時短を意識して高額買取を目指すには、今はネットの車買取一括査定サービスを使わない訳にはいきません。なぜなら賢く利用すればこれほど便利なサービスは他にないからです。

たとえあなたがどれだけ人前で話すことが苦手で交渉ベタでも、車のことをよく知らなくても、このサイトでお伝えしている知識を取り入れ適切な手順を踏めば大丈夫です。

車を高く売ることができる人と安く買い叩かれる人の間には、特別な差などありません。あるのはほんとに紙一重の違いだけです。それはほんの少しの工夫があるかないか、それだけです。だからこそあなたにも車を高く売る醍醐味を味わってもらいたいです。

 

長年連れ添った愛車を沢山評価してもらって高値を付けてもらい、次の新しい生活にそれらのお金を気持ちよく生かしていけるよう、愛車の見送りに感謝の気持ちを込める意味で、最後に少しだけ手間をかけてあげて下さい。

車査定サイトの見るべきところ

まずはメジャーな車買取サービスを比較してみましょう。

比較項目 カーセンサー ズバット車買取比較 かんたん車査定 楽天オート ユーカーパック
電話のしつこさ回避度 4 3 3 3 5
提携会社の数 1,000以上 220 55 70 2,000以上
同時査定依頼数 30社 10社 10社 10社
入力の簡単さ 約3分 約1分 1分弱 約1分 約30秒
審査の早さ 4 5 5 5 5
利用者数(2016年) 約10万人 約18万人  約35万人 約5万人
業界シェア 10.8% 19.5% 38.0% 5.4%
 歴史 2008~ 2003~  2007~  2008~ 2016~
一言評価 大手で間違いない 老舗 利用者が多い 楽天ポイントが付く 独自のオークション形式

もちろん全てを把握する必要はありません。下であなたにぴったりな査定サイトをご紹介していますので、参考にして下さい。

簡単な車査定とは入力の簡単さのことではない

車を買取専門店に査定してもらうには、あなたの車の詳細情報と最低限の個人情報を伝える必要があります。

業者が車に値段を付けるのに必要となる情報の量に差などありません。あったら逆に問題です。そのため、査定サイトで入力するときの簡単さなどはどうでもいいことです。それよりも車買取に掛かる全体の時間や手間を意識しましょう。木を見て森を見ずにならないで下さいね。

段取り良く車査定を進めていくことが、結局「車を簡単に高く売ることができた」に繋がります。

「NO!」と言えるあなたに向いている車査定の手順


「自分はNOと言える人間である!」という場合は下記の方法がおすすめです。

まずはカーセンサー簡単ネット車査定で買取価格を出す

誰でも知っている同名の中古車雑誌を発行している大手リクルートによる買取サービスです。提携している買取店の数も1000社を超え、その中から同時査定してもらうお店を最大30社も選ぶことができる(そんなに選ぶ必要はない)ので、正直、大抵の車査定はカーセンサーだけで事足りてしまうのです。

中古車買取の一括査定で有名なカーセンサーの評判は?安心感No.1の大手査定サイト

一括査定では圧倒的な登録業者数です。そのため地域差が出にくいのもカーセンサーを利用する大きなメリットです。

また、メールのみでのやり取りもある程度までは可能です。電話はどうしても苦手だという買取未経験者から車を確実に高く売りたい買取玄人まで幅広く利用されています。ただし、一定のお店から自動電話が掛かってくるのは避けられません。

カーセンサーの一括査定はメールのみやりとりについて

 

カーセンサーは本気で車を高く売りたい人にもバッチリ結果を出せる査定サイトです。私が知り合いに車買取の相談を受けた時は、本人に特にこだわりがない場合はカーセンサー利用を推奨しています。

このカーセンサー簡単ネット車査定で納得できる高値査定が付いたら、そのまま売却しても何ら問題はありません。

おすすめ度 

カーセンサー簡単ネット車査定の公式ホームへ

もしもカーセンサーだけでは買取店が少ない場合、ズバット車買取比較も併用

ズバット車買取比較はマザーズ上場の最大手サービスです。比較業者も比較的多く、すぐに買取相場が分かるので助かります。加えて携業者数も多く運営歴史も長い老舗です。そのため多くの人が知っているサービスといえるでしょう。

中古車買取の一括査定老舗のズバットの評判は?平均点の高さが光るサイト

こちらは上記のカーセンサー簡単ネット車査定で申し込んでみたが、

  • 家の近くに買取専門店があまり無かった
  • どうしても査定価格が納得できない

などの場合に合わせて利用することをおすすめします。

理由は、カーセンサーだけでは補いきれなかった買取専門店を拾えるかも知れないからです。実際ズバットに提携しているお店が一番高く買い取ってくれたということもあります。結局車が高く売れるかどうかは一括査定サイト側の問題ではなく、提携している車買取業者次第というわけです。

注意点として、カーセンサーとズバットを一気に二つ申し込むと、電話やメールでパニックになると思うので、あくまでカーセンサーの予備として考えると良いと思います。

中古車の買取で一括査定を使うときの流れと注意点を分かりやすく解説

おすすめ度 

ズバッと車買取比較の公式ホームへ

「NO!」と言えないあなたに向いている車査定の手順

「自分はNOと言えない人間である!」という場合は下記の方法がおすすめです。

一切営業電話が掛かってこない新しいサービスが売りのユーカーパックで査定

ユーカーパックは独自のオークション形式で一括査定サービスとは異なる新しいサービスです。今後はこのようなユーザー目線のサービスが主流になっていくものと思われます。

オークションには全国の2000社以上のユーカーパック提携買取店が参加(増加中)するので、正確な買取額を知ることができます。対応エリアも他のオークションサービスと違い全国規模なので懐が広く、提携のガソリンスタンドもしくは自宅でユーカーパックの査定士による出張査定を受ける形となります。

【特集】ユーカーパックまとめ!メリットデメリットやキャンセル、トラブルなど

最大の特徴は、やりとりするのはユーカーパック1社だけなので、通常何度も掛かってくる営業電話を1人で受けてやり取りする必要が全くありません。

あなたがたとえNOと言えなくても、オークションで競い合う提携業者が行うセリ方式により、車が勝手に高値で売れていく凄い査定サービスです。カーセンサーやズバットを利用する手順とは違い、あなたがやることはほんとに少なくなります。ほぼオートメーションです。

おすすめ度 

ユーカーパック公式ホームへ

車査定についてのまとめ

少し前まで一般の人が車を売ることはとても大変なことでした。権利関係が絡む自動車は本や服を売るのとは訳が違います。それに業者保護の組合圧力もあります。そのため車を売る素人にとって悩みが多いことだったのです。

それが一括査定サイトの誕生により業界が大きく変わりました。以前よりも車を売る私達素人側が有利になったのです。さらに今はユーザーオークション形式のサービスも誕生し、ますます車を売りやすくなっています。

ただ、やはり車を高く売るには最低限知っておくことと、取るべき行動があります。自分には何ができて何ができないのか?査定サイトに申し込む理由は?そんなことをはっきり意識していかないと、査定を進めていくうちに軸がブレて妥協することになりかねません。

 

もちろん自分の性格や取れる時間や動ける量に合わせて最適なところを選ぶ、つまり落とし所を決めるという意味での価値ある妥協であれば全く問題はありません。

しかし、私のように車を売ってしまった後で心底後悔することのないよう、目標を決めておくと良いと思います。あとは行動あるのみです。

あなたの車が高く売れますように。

 

PS:車を鬼高く売る方法

あまりおすすめしない鬼のような買取査定方法があります。勇気ある人はどうぞ。

【情け無用の鬼勝負】車を最強に高く売る超実践的高等テクニック!

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る