中古車を購入するのは中古車販売店それともディーラーどちらがいいのか

これは今まで端々で書いていたのですが、今回それをまとめて一つにしました。知っておられる方もあると思いますが、そこはご勘弁を。

中古車を買われる場合どこで買われるかは幾つかありますが、やはり大きく分けると中古車専門店とディーラー系中古車の二つに分けられます。

これら二つはそもそもの生まれから違っていて、それぞれ特徴があります。今回はこの二つのお店を比較する事によって、その特徴からあなたはどちらで買われるべきかを考えていきます。

まず簡単な生い立ちからご説明していきます。


スポンサーリンク

ディーラー編

それぞれどうやって発生したのかという歴史を見ていきますと、ディーラーの場合はモータリゼーションの発達とともに新車を販売していた時、初めのうちは無かった下取り車がじょじょに増えてきます。当初下取り車なんてものは、ディーラーにとってお荷物だったのです。まだ中古車をどうやって処分つまり販売するのかというノウハウさえありませんでした。

ですから下取り車を営業マンがどこかに売ってくるのをありがたく思っていた節もあったのです。当時新車になかなか手が届かないひとは、知り合いを通じて営業マンに下取り車があれば連絡して欲しいと頼んでいたのです。だってまだ中古車を専門に売っているとこなんて無かったのですから。今のように値段をフロントガラスに表示するのもまだ先の事です。

その状態がしばらく続いた後、変化が訪れます。ディーラーが自社ブランド価値つまり販売している車の価値を維持するために、中古車価格に介入し始めたのです。当時は今以上に車は財産価値のあるものでしたから、中古車になったとたん半額になるようでは、だれも新車を買ってくれなくなります。まして他社の車の方が、財産価値が高いとなれば結果は見えています。そこでようやく中古車というものに本格的に取り組み始めたのです。

 

目的は新車ブランドの価値保護とでもいうものですから、売値は必然的に高めの設定となります。同じ目的で事故車、改造車などは扱いません。イメージダウンになるような程度の良くないものはキチンと整備して納車します。諸費用もそれなりに納得のできる項目が淡々と並びます。そこに何らかの意図つまり儲けようとする意志は見られません。

基本、他社の車を販売することはありません。

中古車専門(販売)店編

中古車専門店の歴史はディーラーと少し違います。中古車発生源はディーラーなのですが、最初新車営業マンなどが、勝手に処分することもあったと言いましたが、その内気付くのです。新車を売るよりよっぽど儲かるのではないかと。

そして積極的に中古車販売に手を染めていくのです。その他新車営業と付き合いのある修理屋さんも修理より中古車を売る方が儲かることに気付き、空いた場所に2台3台と並べ始めます。そして当初営業マン個人と取引していたなかから、利益を貯め込んだものが、直接ディーラーと取引を始めるようになります。当初の中古車屋さんの前身に修理屋さんが多いのも、こんな理由からです。

ディーラーにとっても中古車専門店の出現は歓迎するものだったのです。自分の所で売りたくない物や余ったものなどを、抱き合わせることによって処分できるのですから。

ディーラーから10台仕入れる時は、5台は普通、2台は良い、3台は悪いというバランスになります。良いものだけを選ぶことは出来ません。ディーラーは悪い3台を処分する事が目的なのですから。その為に良いものまでまわしてくれるのです。そうやって持ちつ持たれつの関係が出来上がります。

それぞれ中古車販売の姿勢の違い

ディーラーの中古車販売の目的の一つで大きな部分を占めるのが、新車販売をサポートするということです。割り切って考えれば、赤字でなければ利益も左程こだわらないということです。それよりは新車販売においてシェア争いに負けない事の方が重要で、中古車も自社の車を乗って貰って、その良さを体験してもらうことで新車につなげようという試みなのです。

一方中古車専門店は単純思考です。ただただ利益を上げる事です。これは誕生時から一貫していて、今現在においてITを活用した新しい販売モデルを構築している途中のようですが、当初からの思考は変わったようには見えませんし、これからも変わらないでしょう。それはそれで別に構わないのですが、あまりに単純だといとも簡単に踏み外したり、低きに流れて行きかねません。

露店で野菜を売っているおばあちゃんだって、お客さんの喜ぶ顔が嬉しいと言います。そんな動機もひとつ付け足して頂きたいと、勝手に願っている次第です。

スポンサーリンク

あなたならどちらを選ぶ?

数年前からわたしは、ディーラー派になりました。それまではディーラーなんかで買うのは損をしに行くようなものだと思っていたのですが、

きっかけは、それまで乗っていたマツダMPVから軽トラに乗り換える必要に迫られた為でした。車はリアエンジンのスバルに決めていたのですが、新車はもう生産中止になっていたので中古車を探すしかなく、大手の中古車専門店だけでなく修理屋さんの駐車場に置いてあったものなど、色々回ったのですが、そのとき疲れてしまったのが原因でした。

大手中古車店では、諸費用の不明瞭さと、保証費を払えば保証期間をのばし、保証範囲も広げるというものでした。別に違法ではありませんが、素直に納得できるものでもなく、なにも知らなければそんなものだろうと思うかもしれませんが、なまじ内情を知っている者にとっては説明を聞く時間が苦痛でした。

 

修理屋さんでは、悪質な諸費用明細を久々に見ました。いまだにこんな事やっているのか驚きでもありました。

その後のディーラーでの商談です。これはストレスなく事が運びました。現場に現車がない状態で、まだ値段もついていない状態の商談だったのでその車なら諸費用込みで○○万円だったら買うとこちらから提示したところ、しばらく何処かと連絡を取っていましたが、やがて手数料は含めてもいいのだが、消費税などの税金関係だけは頂けないかということでしたので、すぐ了解し、見積書をいただきました。その見積書は実にシンプルな物でした。

車輛価格は、約束通り手数料を差し引いた金額の為、細かい数字が踊りますが、項目的には実にシンプルで、取りに行くため納車費用も必要なく、登録費もなんと6千円だったのには驚きました。

 

たしかに車輛価格は高かったのかもしれません、わたしの提示額も少し高かったのも理解していますが、その分無駄な手数料が無く商談として気持ちの良いものでした。

それ以来、近所の人に頼まれていっしょに中古車を見に行く時も、もっぱらディーラー系中古車店にいきます。安く買うという事にあまりこだわらなければ、安心して買えるのです。

もちろん中古車専門店にも車種の多さなど、メリットはたくさんあります。とくに車輛金額にも関心がある方にとっては、行く価値があります。ですからどちらが優れているという気はありませんが、私の体験を通じて、その本質な所を感じて頂ければ幸いです。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る