トヨタハリアーの外装内装の豪華さはさすが。2代目は中古でも評価高い

ハリアーは高級車と呼ばれる部類に入りますが、よく売れています。それを見ると、なんだかんだ言っても、日本の経済は良くなっているのでしょうね。その分格差が少し目立ちますが。

とはいえ、やはりこの車の様な高級車が売れていく事は喜ぶことです。そこで今回、ハリアーの魅力をもう一度確認してみようと思います。


スポンサーリンク

ハリアーはSUVなのか

私の中ではSUVのイメージが、頭が固いため、まだ定着していません。私の頭の中では、トヨタではハイラックスや2009年に生産中止になったハイラックスサーフ、現在ではFJクルーザーなどが浮かびます。RV車とも呼ばれるものです。

スポーツ用多目的車というと、もっとアウトドア色の強い物が思い浮かぶのですが、この様な物もSUVの範疇に入るのですね。確かにそれまでの車のカテゴリーには入りませんが、それでもワゴンをスポーティにしただけのようにも見えます。素直ではないですね。

あとひとつ、車にスポーツとは具体的に何を指しているのでしょう、レースというモータースポーツ以外には、アウトドアスポーツぐらいしか思いつかないのですが、それだとせめて4WDは必須だと思うのですが、そうでないとなんちゃってスポーツというか、本質とはちょっとずれているような…まあそれでもいいか、楽しければ。これ以上言っちゃうと融通の利かない頑固親父みたいに嫌われるので、止めときます。とにかくSUVは幅広いのです。

ハリアーの魅力

ハリアーの魅力と言っても、「そんなの今さら言われなくてもよく知っているよ」と言われるかもしれませんが、魅力は人によって捉え方が違います。ここは私の目で、現行のハリアーについて語りたいと思います。

この車については、初めて仕入れた時、暫く乗ってみたことがあります。印象は、正直見晴らしのいい高級車という味気ないものです。確かに良い車ですが、ここまで人気が出るとは思わなかったのも事実で、見る目が無いと言えばそうなのです。

外観

さすがトヨタです。高級感を漂わせたら他メーカーの一歩上を行きます。それ以上に、いかにもと言った高級感ではなく、落ち着きよりも行動的な雰囲気を漂わせています。そうでなくてはSUVとは言えないでしょうが、社長の車というより仕事も遊びも積極的な課長の車というイメージです。

乗っておられる方を見ても、嫌味な感情が湧かない、むしろ好印象さえ抱かせる車です。大人の渋さがあるのですが、デザインに若々しさが滲んでいます。若い方にも人気があるのも頷けます。

内装

乗った時の視界は、見晴らしが良いという感覚です。ただ近くの足元周りがどうしても見にくいので、出来たらパノラミックビューモニター欲しいのですが、上級タイプにしか標準装備されていなくて、スタンダードタイプより80万円以上アップになってしまいます。メーカーオプションになっていないのは残念です。

内装の質感も高級感が感じられるだけでなく、その中に少し遊びの雰囲気があり、外観デザインともマッチしていて、ドアを開けて乗るまでの間に違和感は全くありません。同じ印象に包まれています。

タイプ

タイプは大きく3つに別れます。ターボ付きとハイブリッドそしてノーマルエンジンのタイプです。

私はノーマルタイプに暫く乗った経験があり、最初4気筒だとエンジンの吹きあがり音はチョット雑かなという先入観を持っていましたが、試乗した結果、全くの思い過ごしだとわかりました。非常に静かで、スムーズに思いどおり加速していきます。もちろんターボ付きなどは、もっとアグレッシブな加速が楽しめるのでしょうが、なかなかそのような気分にさせてくれる車とは思えません。もともとスピード恐怖症で、スピード違反切符を切られたことの無い私が言っても説得力に欠けますが。

ハイブリッドは魅力的ですが、ノーマルタイプよりプラス100万円と聞いては暫し考えてしまいます。この差は大きいですよね。でも燃費の差もカタログ数値ではノーマルタイプが16.0 km/L、ハイブリッドタイプが21.4 km/Lと結構あります、思わず電卓を叩きましたが、結果20万キロメートル以上走らなければ、その差は埋まらないという結果になりました。単に燃費だけの問題では、お得だといえません。もっとハイブリッドに別のメリットを見つけられなければ、選ぶことが出来ません。いくつか考えられますが、どれも決定的な理由が見つけられません。

 

私としては、ノーマルエンジンで十分だと結論を出したいのですが、いかがでしょう。勿論、正解は無い問いですので、購入される方は、十分にご検討されますように。

あとひとつ、先にSUVを名乗るなら、4WDは必須だなんて書いてしまいましたが、この車がSUVであろうとなかろうと、この車で林道を走る姿は想像できません。というより、そもそも舗装路以外走るとも思えません。よって先の文言は訂正させて頂いて、この車は2WDで十分です。勿論正解は無いという事を、付け加えさせて頂いての事ですけど。

スポンサーリンク

最後にハリアーの中古車相場について 

ハリアーという車は、残念ながら、コストパフォーマンスに於いては、決して良いとは言えません。2013年以前の2代目ハリアーにしても、150万円代はなかなか見つからないのが現状で、人気は暫く続きそうです。

人気のハリアー中古車市場

営業にとっては、お得ですよと言って勧める様なものではなく、欲しい方は買って下さいと、消極的な営業になるようですが、それでも売れていくようです。

現場を離れた第三者の目でみると、古くなってもそんなに値落ちしないなら、値段は高くても現行モデルを買うべきですし、予算がどうしても足りないのなら、思い切って諦める事も必要です。どちらかにされるべきです。

7年落ちの旧車を総額150万円で買って、あと何年乗られるのでしょう。御本人がよろしければ、何も言うことは無いのでしょうが、なんとももったいないと思ってしまうのです。あなたはどう考えられますか。





スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

サイトコンテンツ

  1. 始めに言います。この方法はかなり過激な車買取査定方法です。ギターフリークスでいえばエクストリームモー…
  2. 車を洗ってあなたの心も晴れやかに! 一部のクロカンファンを除き、大抵のクルマ好きなら愛車をいつ…
  3. 車を運転するドライバーにとって、積雪は1番のイレギュラーでしょう。 雪が降ることは自然現象です…

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る