【最終更新日】2018/04/20

【特集】トヨタMR2/MR-S。貴重な量産型ミッドシップスポーツカーを味わおう

トヨタが世界に誇る、国産量産型ミッドシップスポーツカー。それがトヨタ・MR2/MR-Sです。

あの大御所トヨタが遊びゴコロを前面に打ち出し、今では考えられないほど冒険した車、そんなエポックメイキングな車がMR2シリーズです。

今回は私自身も大好きなこのMR2シリーズを、初代のAW型、2代目のSW型、そして最終となるZZW型(MR-S)の3車種をご紹介していきます。


スポンサーリンク

シリーズ一ピーキーな初代MR2 AW型登場

ミッドシップレイアウトのスポーツカーと言えば、あなたはなにを思い浮かべますか?

エンジンをボディの中心付近に搭載することで、圧倒的な運動性能を実現するミッドシップレイアウトは、構造上実用性と整備性が悪いため、趣味性の高い一部のスーパーカーにしか採用されていませんでした。

しかし、1984年。NSXが誕生するよりもずっと前。ついに量産型のミッドシップスポーツカーが日本で誕生することになります。

それが初代トヨタMR2です。型式名でAW11、愛好家たちからはエーダブと呼ばれるこの車、かなりピーキーで凄く面白い車なんです。とても古い車ではあるものの、未だに先進的なエクステリアだと感じさせる小さなスポーツカーです。

そんなAW11に注目してみます。

トヨタ初代MR2 AW型の中古車の選び方と注意点。レストア向けか


スポンサーリンク

成熟を重ねリアルピュアスポーツへと進化したSW型


AW10/11型の後継車種であるSW20型の記事です。

かの名作、公道暴走漫画『頭文字D』に登場したこともあり、AW10/11型よりも一般的な知名度は高いかと思います。

あのトヨタが失敗を重ねながらも諦めずに熟成を重ね、足回りやブレーキの改良、馬力UPなどを経て、モデルサイクル後半(3~5型)は、MR2を名乗るにふさわしいミッドシップスポーツカーへと成長を遂げています。

そんなSW20についての記事です。

2代目トヨタMR2、SW20の中古人気の4型5型の維持費は?

オープンエアミッドシップを格安で楽しめる魅惑のスポーツカー、ZZW型(MR-S)

MR-Sは気軽に乗れるトヨタ製ライトウェイトミッドシップオープン2シーターです。

ぱっと見可愛いポルシェのような外観が特徴で、実用エンジンを搭載することで市場に安価で提供されました。こう見えても走りは楽しい生粋のスポーツーです。

私の家の近所のMR-Sのオーナーさんは、もう十数年もの間、何台もMR-Sを乗り継いでいます。ボディーカラーもイエロー、レッド、グレーと変化してきました。よほど好きなのでしょう。ミッドシップ2シーターという最も実用性がないパッケージの車を、何台も乗り継ぐ姿には熱いものを感じます。

トヨタMR-Sの評価。中古の注意点は幌。燃費良く乗って面白いトヨタらしいオープンカー

スポンサーリンク

MR2/MR-Sは、トヨタから私達への遊びの誘い

トヨタMR2とMR-Sは、トヨタが私達へ送ってくれた、車趣味テーマパークへの招待券です。買うまでは勇気がいるけど、買ったらずっと長く楽しめる素敵なチケットです。

走りを味わうも良し、外観にうっとりするも良し、カスタムするもよし。積極的にハンドルを握りたくなる不思議な車です。

それはやはり、このMR2シリーズには、他の車にはない異質な魅力が沢山つまっているからでしょう。国産には珍しいミッドシップ、オープンカー、ピュアスポーツ、ワクワクさせるエクステリア、やる気にさせるインテリア等々、今の車ではなかなか見られない粋なポイントが随所にありますよね。

あなたも今度の休みに中古車屋に繰り出して、楽しい相棒を見つけに行きませんか。きっと楽しいドライブを堪能することができますよ。





スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

サイトコンテンツ

  1. 始めに言います。この方法はかなり過激な車買取査定方法です。ギターフリークスでいえばエクストリームモー…
  2. 車を洗ってあなたの心も晴れやかに! 一部のクロカンファンを除き、大抵のクルマ好きなら愛車をいつ…
  3. 車を運転するドライバーにとって、積雪は1番のイレギュラーでしょう。 雪が降ることは自然現象です…

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る