トヨタ・Tj CRUISER現る!豪快マッスルバンで遊びが豊かになる

トヨタからめちゃくちゃ面白そうな車がデビューします。それが「Tj CRUISER」ティージェークルーザーと読むのでしょうね。

この車は惜しむらくも絶版車となった「FJクルーザー」の後継としてイメージしがちですが、ちょっと毛色が違う車でもあります。見た目はものすごくごっついんですけどねぇ。^^

冒険という名がぴったりなトヨタ・Tj CRUISERに迫ります。

Tj CRUISERは遊べる多目的カーゴ

出展:http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19001195/

Tj CRUISERは近年流行りのクロスオーバーの流れを汲むレジャーカーです。

2017年のトヨタのヒット作といえば、C-HRですね。欧州ではプリウスは嫌いでもC-HRは好きという人たちがいるようで、彼らに向けた次なる提案がこのTj CRUISERという訳ですね。

車を遊びに使う層というのは、キャンプ用具など沢山の道具を積んだりもします。そんなとき、バンのような積載性があるととても使い勝手が良いのですね。Tj CRUISERの「T」はツールのTです。夢の道具をなんでもかんでも詰め込める工具箱のような車を目指しているのですね。

出展:http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19001195/

シート倒すと凹凸なしの完璧なフルフラットになります。そして3mの長尺物を積載することが可能です。これは凄い。これなら車中泊も余裕ですから、長い釣り竿を積んで海へ山へ川へガンガン繰り出すことができますね。あー楽しそう。

車内には買い物フックなど日常のユーティリティーにも配慮した車となっており、ここらへんはホンダのクロスロードに近いカテゴリーになるのかもしれませんね。

エクステリアは角々です。ターゲットは完全に男性ですね。商用としての需要も想定しているようで、そうするとバンタイプは樹脂パンバーになるのでしょうか。あれはあれでカッコイイんですよね。まぁ5年も経つと日焼けするのでお手入れが必要ですが。そう考えると、Tj CRUISERはめちゃめちゃスタイリッシュなハイエースと言うこともできますね。

 

FJクルーザーは本格クロカンとしてクロカン走行などの運転を楽しめるガチンコカーでしたが、採算が取れずに廃盤となってしまいました。なぜならそこまでの走破性を求められるということが日常生活において皆無だからです。その点、バンの積載性であれば便利さに直結します。遊びの範囲が広がります。

それに本格悪路走行性能を高めるよりも、バンを改造してSUVにしたほうが遥かにコストを抑えることができます。そしてそのまま買い求めやすい価格に反映されるのですから、ユーザーとしてもソッチのほうが嬉しいはずです。このような背景から、Tj CRUISERはもう大ヒット間違い無しの車といえるでしょう。

 

Tj CRUISERのスペック(主要諸元)

全長×全幅×全高(mm) 4300×1775×1620
車両重量(kg)
ホイールベース(mm) 2750
エンジン詳細(cc) 直列-気筒
DOHC 2000
エンジン最高出力[kW(ps)/rpm]※ –(–)/–
エンジン最大トルク[Nm(kgm)/rpm]※ –(–)/–
モーター最高出力[kW(ps)] –(–)
トランスミッション
JC08モード燃費(km/l)
価格 約–万円

※1ps=0.736kW    1.359
※1kgm=9.807Nm   0.102

Tj CRUISERのプラットフォームはTNGA「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」です。トヨタ自慢の次世代のモノ作り方針ですね。

2000ccエンジンにモーターが組み合わされるハイブリッド車となりますが、FFと4WDの種類が用意されるようです。

スポンサーリンク

トヨタが趣味グルマを出す嬉しさ

いやー、久々にトヨタさんやってくれましたね。楽しい車がトヨタから出ると、その影響力は大きなものとなります。街中がメッキギラギラのつまらないミニバンで溢れるぐらいなら、いっそのこと全部Tj CRUISERとデリカだらけになってしまえばいいのにと妄想したりもします(笑)。この2車は周りを気にせず自分の人生を楽しんでいる人が選ぶような気がします。だからTj CRUISERは貴重な車です。

この流れが1500ccぐらいの車に飛び火して、かつての人気者だった初代RUV4みたいな車が復活してくれるといいのですが…C-HRもいいですが、ちょっとメカメカしいので。

このTj CRUISERのスタイリングをそのまま軽自動車に持ってきて、ダイハツから新型ネイキッドとして売り出したらきっとヒットすると思います。っていうか欲しい!あぁ妄想が止まらない。



【第45回東京モーターショー2017】注目の目玉車種解説!概要と予想

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

サイトコンテンツ

  1. 始めに言います。この方法はかなり過激な車買取査定方法です。ギターフリークスでいえばエクストリームモー…
  2. 車を洗ってあなたの心も晴れやかに! 一部のクロカンファンを除き、大抵のクルマ好きなら愛車をいつ…
  3. 車を運転するドライバーにとって、積雪は1番のイレギュラーでしょう。 雪が降ることは自然現象です…

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る