トヨタ・ファインコンフォートライドが未来を変える!市販化はされるのか

トヨタが新しい量産燃料電池車をリリースしようとしています。

その名も「ファインコンフォートライド」。一見風変わりなミニバンのような姿ですが、その中身はあの「ミライ」と同じ水素エネルギーで走る車です。

航続距離はなんと1000km!今までの車の常識を覆すスペックです。2017年東京モーターショーでも注目度高しの気になる車です。


スポンサーリンク

ミライが楽しくなる車、ファインコンフォートライド

ファインコンフォート…直訳すると「優良な満足」といったところでしょうか。

ファインコンフォートライドでまず目を引くのはエクステリア。ダイヤモンドのような形のキャビンを採用しているので、前と後ろがシャープでありながら中間の2列めシートあたりはボリュームがある変わった形になっていますね。

先進の水素技術と、ミッドナイトパープル?のようなボディーカラーも相まって、都会的なイメージを持つ車です。

 

ファインコンフォートライドの内装

出展:http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19063599/

1列目2列目はキャプテンシートで独立しており、贅沢な空有が確保されています。これらのシートはかなり自由にアレンジ可能なようで、移動の目的に合わせて様々な組み合わせが用意されています。

6人乗車可能ということですから、6人全員がゆったりと目的地までのドライブを楽しめるよう配慮されているのでしょう。

足元の照明が未来感を醸し出していますね。ハンドルも未来的です。ディスプレイはタッチパネルで、きっと音声で目的地を指定することができるのでしょう。便利な世の中になったものです。

 

ファインコンフォートライドの動力性能

ファインコンフォートライドは独立したインホイールモーターによってかなりの走行性能を誇ります。4輪を個別に制御することでハンドル操作を超えた挙動を実現できるので、今までにない運転感覚を味わうことができるでしょう。

それに水素エネルギーで走る車ですから、パワーもりもりです。水素タンクに水素さえ入っていれば無給油で走る続けることができ、その航続距離はなんと1,000kmにも及びます。EV車両と違い充電に何時間も掛かったりはしません。水素チャージスタンドさえあれば、即座にチャージ完了です。更に圧倒的な燃費性能と環境性能を持つ、現状で最強に近い車です。

先行発売されたミライはどちらかというと企業のリース向けの特殊車両という位置付けであり、一般の人が気軽に買えるような車ではありませんでした。でもこのファインコンフォートライドは、ミライよりもコスト効率があがり安価に量産することができるでしょうから、街中で見かけることも多くなるかもしれませんね。

ファインコンフォートライドの目玉機能

出展:http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/19063599/

驚きなのがこの機能。なんと車内から死角となる部分にホログラムで対象物を浮き上がらせ、ドライバーに分かりやすく危険を教えてくれるという認識システムです。凄いですねー。これなら夜間でも安心です。

こちらはファインコンフォートライドの乗車体験イベントです。こういった試みも面白いですね。

今後はAI技術、自動運転技術、事故回避技術などがどんどん進歩するのでしょうから、交通事故が減っていくのでしょうね。それはとても素晴らしいことだと思います。といいますか、人の移動という使命を負った車にとって、最も大切なことですね。

スポンサーリンク

最後に

欧州で始まったEV化の流れ。イギリス、フランスでは40年以降のガソリン車とディーゼル車を締め出す方針を打ち出し、ドイツもEV化へ舵を切りました。そのような背景の中、王者トヨタが示した一つの形が、このファインコンフォートライドです。

未来の世界はどんなくるまが走っているのでしょうか。きっと今よりももっとクリーンで静かでローコストで、そして楽しい車であってほしいですね。



【第45回東京モーターショー2017】注目の目玉車種解説!概要と予想

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

サイトコンテンツ

  1. 始めに言います。この方法はかなり過激な車買取査定方法です。ギターフリークスでいえばエクストリームモー…
  2. 車を洗ってあなたの心も晴れやかに! 一部のクロカンファンを除き、大抵のクルマ好きなら愛車をいつ…
  3. 車を運転するドライバーにとって、積雪は1番のイレギュラーでしょう。 雪が降ることは自然現象です…

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る