三菱デリカD:5にイケてる特別仕様車「アクティブギア」登場。なにこれ超欲しいんですけど

細かく特別仕様車を出してくる三菱デリカD:5ですが、私の心を鷲掴みにする特別パッケージ車が登場しました。その名も「アクティブ・ギア」(ACTIVE GEAR)。

「そのオレンジは、好奇心に火をつける」というキャッチフレーズで華々しくデビューです。


スポンサーリンク

まるでG-SHOCK!三菱デリカD:5アクティブギアとはどんな車なのか?

出展:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/active_gear/

アクティブギアですが、一言で言うと黒オレンジ。そんな車です。※意味不明ですね(汗)。

ひと目ですごく楽しそうな車だと思わせるカラーリングです。なぜこのようなフランクな感じの車がトヨタ・ホンダ・日産辺りから出ないのでしょうか。三菱というメーカーには数々の偽装を含め未だに不安が残る昨今でございますが(笑)、ことSUVに関しては老舗であり確かな技術を持っているメーカーです。そしてなによりワクワク車が多いこと。

今日本のクソつまらんミニバン巣窟市場と言えるノンポリファミリー層に向けて放つ、三菱の自信作。それがデリカD:5アクティブギアです。私の車購入候補にいきなりどかんと入ってきました。

なぜオレンジなのか?それは三菱いわく「機能の高さ」を象徴する色だそうです。どんな環境でも目立つ派手な色。それがオレンジです。人々の気持ちを前向きに変えてくれる、ワクワクを象徴するカラーがオレンジなのです!因みに、私の持っている通称スピードモデルといわれるG-SHOCKもオレンジ色で同じカラーリングです(笑)。いやー、アクティブとギア、ともに活動的なキャラクターを連想させる良いネーミングだと思います。今すぐ出かけたくなりますよね。

 

アクティブギアのカラーは「アイガーグレーメタリック/ダイヤモンドブラックマイカ」、「ウォームホワイトパール/ダイヤモンドブラックマイカ」というツートン仕様と、単色の「ダイヤモンドブラックマイカ」が用意されます。

特別ディーラーオプションは?

アクティブギアのディーラーオプションは

  1. フロントバンパープロテクター
  2. アルミホイールデカール
  3. フロアマット
  4. サイドガーニッシュ
  5. リアディフレクター

などが用意されます。素敵です。みんなオレンジ色です(笑)。

デリカD:5アクティブギアの価格は?

純正ナビ非搭載の標準仕様車で3,763,800円です。

デリカD:5アクティブギアの車両諸元

全長×全幅×全高(mm) 4730×1795×1870
車両重量(kg) 1880
ホイールベース(mm) 2850
エンジン詳細(cc) 直列4気筒 ディーゼル
DOHC 2267
エンジン最高出力[kW(ps)/rpm]※ 109(148)/3600
エンジン最大トルク[Nm(kgm)/rpm]※ 360(36.7)/1500-2750
モーター最高出力[kW(ps)]
トランスミッション スポーツモード付6速AT
JC08モード燃費(km/l) 13.0
価格(万円) 約3,763,800~

※1ps=0.736kW
※1kgm=9.807Nm

スポンサーリンク

デリカD:5アクティブギア考察

日本をもっと面白くしたい!そんな願いが、三菱から伝わってきます。文字通り、好奇心に火を付けられました。

こんな楽しい車がもっともっと増えればいいのにと心の底から思います。ミニバンなんてただでさえデカくて前方が見えなくて邪魔なんだから、せめて後ろ走っていても楽しい気分にさせてくれる車がいいですね。

このデリカD:5アクティブギアを企画した人たちも含め、三菱の伝統車であるデリカを消さずにずっと維持してくれているあたり、三菱にもアクティブなクルマ好きがいるんだなぁなんて思ってしまいます。

 

このデリカD:5アクティブギアを買って、子供や奥さんを連れて釣りにキャンプに遊びまくりたいですな!男を無駄に活動的にさせる、デリカD:5アクティブギアのお話でした。



スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る