エクリプスクロスにエボリューションVer現る!価格発売日最新情報

三菱が2018年初頭の発売を予定している新型クロスオーバーSUV、エクリプスクロス。

三菱ファンの人には申し訳ないですが、今までの三菱とは一味違う、非常にクールなエクステリアとなっています。

そんなエクリプスクロスにハイパフォーマンスモデルが登場するとのこと。今回は、その謎に満ち溢れたSUVのスペックや価格、発売日をお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク

エクリプスクロスってどんな車?

出展:https://www.eclipse-cross.jp/design/philosophy/

近年のクロスオーバーSUVブームに追従するため、三菱が新開発した車がエクリプスクロスです。

ボディサイズはマツダ・CX-5やトヨタ・ハリアーなどのミドルクラスSUVと、ホンダ・ヴェゼルやトヨタ・C-HRなどのコンパクトSUVのちょうど中間となるようで、非常に使い勝手の良いサイズ感となる模様です。

三菱車の車格としては、アウトランダーとRVRの間を埋めることになります。

 

落ち着いた迫力のあるアウトランダーと、コンパクトらしい可愛らしさも秘めたRVRとは異なる、攻撃的でクールなエクステリアをしたエクリプスクロス。

三菱の統一フロントフェイスデザインである『ダイナミックシールド』が、バッチリとキマっています。

個人的に好みなのはリアのデザイン。独特な形状をしていますが、リアゲートガラスを一直線に走るテールライトが非常に美しい。

内装も良い意味で三菱らしくないスマートなデザイン。

欧州車のデザイン性をしっかりと取り入れつつ、自分のモノにしています。エアコンルーバーを備えたインテリアパネル中央の盛り上がりもかっこいいと思います。

搭載するエンジンは1.5Lダウンサイジングターボと、デリカD:5にも搭載されている2.2Lディーゼルターボの2種類。車両重量は未だ不明ですが、パワー不足に陥ることはなさそうです。

トランスミッションはダウンサイジングターボにCVT、ディーゼルターボに8ATを搭載。

現在発表されている駆動方式は電子制御4WDのみとなっています。

現状でも十分に力強い走りを期待できるエクリプスクロスですが、さらにハイパフォーマンスなモデルの発表が既に決まっています。その名は、エクリプスクロス エボリューションです。

エクリプスクロス エボリューションはランエボの再来!?

三菱の車に『エボリューション』という名がつけば、期待してしまうのは車好きの性。

生産終了となり、その歴史に終止符を打つこととなったランサーエボリューションはセダンなので、直接的な後継車種とは言えませんが、それでも期待はしてしまいますよね。

残念ながら皆さんが期待する、2.0Lターボ、280馬力前後のパワーは持ち合わせていませんが、エクリプスクロス エボリューションが魅力的な車となるのは間違いないようですよ。

ハイパフォーマンスだとは言っても、エクリプスクロス エボリューションはあくまでSUVです。

方向性としてはフォレスター stiのようなモノですかね。似ているのは方向性だけで、モンスターマシンではないことは先にお伝えしておきます。

エクステリアや内装に大きな変更はない

まずはエクステリアから。

エクリプスクロス エボリューションのエクステリアは、エクリプスクロスから大幅な変更はありません。ただし、専用フロントバンパーやこじゃれたバンパーガードなどが装着される可能性は十分にあります。

また、全幅が拡大、ローダウンも施される模様です。非常にスポーティーなSUVとなりそうな予感がしますね。

内装については、ハイパフォーマンスモデルの証であるエンブレムや、内装がよりスポーティーになることはあると思います。ただし、それ以上の大きな変更点はないと思っていてもいいと思います。

次に、エクリプスクロス エボリューションのスペックを紹介したいと思います。このスペックは、独自調査によりここに公開されるものです。

スポンサーリンク

エクリプスクロス エボリューションのスペック予想(主要諸元)

全長×全幅×全高 4,405mm×1,820mm×1,665mm
車両重量 1,420kg
ホイールベース 2,670mm
エンジン詳細 1.5L直列4気筒ターボ
エンジン最高出力 ※ 132kW(180ps)
エンジン最大トルク ※
モーター最高出力
トランスミッション 6速スポーツモード付CVT
JC08モード燃費(km/l)
価格 約350万円

※1ps=0.736kW    1.359
※1kgm=9.807Nm   0.102

不明な点も多いですが、これが現状でのエクリプスクロス エボリューションのスペックとなります。

ボディサイズは全幅を15mm拡大、全高を20mmダウンさせています。ホイールベースはもちろん変わらず。

車両重量に関しては、エクリプスクロス自体も不明なので、RVRより少し重めの重量に設定しています。

搭載するエンジンは、エクリプスクロスと同様の1.5Lダウンサイジングターボをチューニングしたエンジンを搭載すると読んでいます。これにより、最大出力は180馬力と、30馬力のパワーアップです。

これとは別に、2.2Lディーゼルを設定する可能性も捨てきれません。

トランスミッションは6速スポーツモード付CVTとなります。これはほぼ確定ではないでしょうか。

価格と発売日はどうなる?

エクリプスクロス エボリューションの価格は350万円前後。

エクリプスクロスのグレードの中では、最上級グレードとなりそうです。多少高くも感じますが、ボディやエンジンにも手を加えているので、このボリュームゾーンに落ち着くのではないでしょうか。

発売日ですが、エクリプスクロス エボリューションのような特別モデルは、通常モデルの発売から少し時間を置いて発売されるケースが多いです。エクリプスクロスの発売が2018年1月とすれば、エクリプスクロス エボリューションの発売は1年後の2019年1月だと予想します。

スポンサーリンク

最後に

近年のSUVでハイパフォーマンスモデルを設定するのは、エクリプスクロスが初めてではないでしょうか。

エクリプスクロス エボリューションが売れてくれれば、他のメーカーも黙って見過ごすワケにはいかなくなります。軽量なコンパクトSUVを中心に、どのメーカーもラインナップしてくれると非常に嬉しいです。

特にマツダ・CX-3には6MTの設定がありますから、期待してしまいますね!

 



スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る