車屋から見たスズキ・アルトの買取査定ポイントと注意点

買取り店にとってスズキ・アルトは軽自動車の中でも比較的販売しやすい車の一つです。まずよく知られた車で、ユーザーにどのような車か説明するまでもなく、商品説明が比較的楽なのです。そんなアルトを買い取る時には、自然とこの車に乗って欲しい人の姿が浮かびます。

免許を取って初めて自分の車を持って、通勤やお買物に出掛けられる若い女性です。勝手な妄想です。でもその様な方に薦められる車かどうかを、どうしても査定のポイントにしてしまうのです。それが次のポイントです。

査定ポイント

  1. 年式・走行距離
  2. キズ・事故
  3. 装備品の作動状態
  4. 汚れ・匂い

①・②の年式・走行距離・キズ・事故などは、どの車にも当てはまるものです。もちろんその意味では③の装備品の作動チェックも大事なのですが、とくに軽自動車の場合粗利が少なく、チェックミスは時に致命的になります。

④の汚れ・匂いはちょっと気になります。車を観させて頂いた時、シートの下あたりに古い泥汚れや食べ物のカスが残っている。またダッシュボードの隙間に埃が積もっている。もちろん買い取った後は、徹底してクリーニングを行うので構わないといえるのですが、次のユーザーに勧める時の事を考えて、どうしても値段のアップに躊躇してしまいます。売却時には細かいところまで、お掃除されることをお勧めします。

 

それより問題なのは、匂いです。はっきり言うと煙草の匂いです。

昨今煙草の匂いには皆さん神経質になっていますので、密室空間に少しでも煙草の匂いがしてしまうと、敬遠されてしまうのです。もちろんにおいを消すため色々努力するのですが、隅々まで入り込んだ匂いの元を取り除くのは大変で、天井のクリーニングとなると、その作業は時に一日では終わらないこともあるのです。

エアコンのダクトからの匂いも、取り除くのが大変な作業です。主にカビなどの匂いなのですが、煙草の臭いなどはかなりしつこいので、エアコンエバポレーターの洗浄を行わなければならず、特にアルトに限ったことではないのですが、次のユーザーの層の事を考えると、アルトなどは、徹底的に匂い取りをする必要があります。

カビ臭の場合、ダクトの中に噴射するタイプの消臭スプレーがあります。年式の新しい物はそれだけでも、十分効果があり、そんなに高い物ではないので、しかも手間も掛からない為、売却される時は、一度試された方がいいでしょう。それで効果があれば、査定のマイナスポイントにもならないので、高価売却に一歩近づきます。

 

買取り店としては、最悪の事を想定します。それはラジエターコアによく似たエバポレーターと呼ばれる部品の洗浄も視野に入れたマイナスポイントです。

これらをご自身で行う事は、出来なくはありませんが。タイヤ交換すら自分でやった経験がないという方は、なるべく車内で煙草を吸われない方が無難です。

お店にとって欲しいアルトとは

軽自動車をメインに展示されるお店にとっては、絶対に置いておかないといけない車の一つです。そのお店にとって再販しやすいアルトとは、先の条件を踏まえて、もう少し詳しく言いますと、

アルトの中古車のメインは2014年12月にフルモデルされた8代目、実際には2015年式以降のものと、それ以前の物とに分かれます。値段的には、2014年以前の物が手ごろな価格になり売りやすく、走行が少なく程度の良いものは、ぜひ置いておきたい物です。

2015年式以降の物は、タイプ的にはL又はSのレーダーブレーキサポート装備装着車が、人気ありの中古車です。新車時のメーカーオプションでもプラス2万円程と格安なので、オプションではあるのですが、中古車では付いているのが標準になっていて、付いてないと、査定をその差以上に下げなくてはなりません。

アルトのスポーツバージョン

アルトについては他にアルトターボとアルトワークスがあります。この二車種については、一般のアルトとは性格がまったく違います。スポーツタイプのよく言えば個性的な車です。あまりに性格が違いますので、ユーザー層も全く違います。

値段も高くなりますので、すぐ売れるという訳にはいかないため、買い取り価格は無理が出来ません。むしろ余裕を持つ必要がある為、粗利を多く取る必要があります。でもマニアックな部分があるという事は、少し高くても売れる可能性を秘めた車でもあるため、ちょっとギャンブル性がある車ともいえます。

普通のアルトと違い、やりすぎは困りますが、少し個性的なぐらいが、買取り店にとっては有難いのです。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ






  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

サイトコンテンツ

  1. 始めに言います。この方法はかなり過激な車買取査定方法です。ギターフリークスでいえばエクストリームモー…
  2. 車を洗ってあなたの心も晴れやかに! 一部のクロカンファンを除き、大抵のクルマ好きなら愛車をいつ…
  3. 車を運転するドライバーにとって、積雪は1番のイレギュラーでしょう。 雪が降ることは自然現象です…

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る