スバル大型SUVトライベッカが新型にフルモデルチェンジ!5m越え巨体ボディーはランクルのライバルとなるか

スバルの大型SUV、トライベッカが名前を変えて新型へと切り替わるようです。

5m以上の巨大なボディで、ライバルはトヨタ・ランドクルーザー。今回は新型トライベッカの詳細と、ランドクルーザーとの比較を行いたいと思います。


スポンサーリンク

スバル・トライベッカについて

スバル・トライベッカについて詳しくない方もいらっしゃるかと思います。それもそのはず、トライベッカはスバルが北米向けに製造・販売を行っていた大型のクロスオーバーSUVです。

全長4,822mm×全幅1,878mm×全高1,686mmの巨体なボディは、トヨタ・ランドクルーザーを彷彿とさせます。(それでも、ランクルはトライベッカよりも一回りデカいのですが)

販売期間は2005年から2014年。本来はB9トライベッカという名称で販売されていましたが、アルファベットと数字が煩わしかったのか、いつの間にか改名されていました。

 

トライベッカは元々、日本での販売も予定されていたそうですが、当時は円安で採算が合わないことと、すでに開拓されたSUV市場で新たなユーザーを取り込むことが困難とされ、日本での発売は見送り。事実上。凍結となりました。

2010年以降のクロスオーバーSUV人気については言うまでもないですが、2000年代はそれほどでもなかったんですかね。ボディサイズ的にも、日本での使い勝手が悪いのは間違いありません。

マイナーチェンジ以前のトライベッカは、スプレッド・ウィングスグリルを採用、丸みを帯びたスタイリングです。

なんだか、失敗したポルシェのSUV感がものすごいですが。

 

スバルの軽自動車、R2もこのようなフロントフェイスで、まさにでっかいR2。残念ながら人気はいまいちだったようで、2年後にはエクステリアを一新したビッグマイナーチェンジを行っています。

うん、こっちのトライベッカはものすごくスバル。スポーティーでカッコいいですね。

車両重量は1,925kgと重量級。その重たいボディを動かす心臓は、EZ30型3リッター水平対向6気筒エンジンです。最大出力は250馬力と少し非力な印象を持ちますが、パワーがないと北米で散々言われたのか、こちらもエクステリアと同様、マイナーチェンジで排気量を3.6リッターに拡大しています。駆動方式はもちろん、スバルお得意のフルタイム4WDです。

 

9年もの期間、スバルの大型SUVとして頑張っていたトライベッカですが、その努力も虚しく、一代限りで生産終了しました。

しかし、その後スバルは大型SUVのコンセプトモデルを発表。トライベッカの意思を引き継ぎ、名前を変えて北米市場に新たに投入される模様です。

スポンサーリンク

新型トライベッカの名称はアセント

マイナーチェンジ前がなにかと残念で、マイナーチェンジ後の奮闘虚しく生産終了となったトライベッカ。その後継として北米市場にどっしりと構えようとしているのが、スバル・アセントです。

アセントはスバル史上、最も大きなクロスオーバーSUVとなります。

そのスタイリングは非常にゴツくてダイナミック。スバルのデザインテーマ「ダイナミック・ソリッド」を採用しています。まさに漢らしいSUVの誕生です。

 

プラットフォームは「SGP(スバル・グローバルプラットフォーム)」、ボディサイズは全長5,050mm×全幅1,990mm×全高1,840mmと超巨体。ゆとりのある車内空間を実現しています。

確実に2,000kgを超えてくるであろうボディを動かすエンジンは、3.6リッター水平対向6気筒ターボエンジンの搭載が噂されています。とんでもないトルクに期待できそうです。

トヨタ・ランドクルーザーとアセントを比較

さて、これだけの大型クロスオーバーSUVが発売されるとなると、比較対象に挙がってくるのは、もはや定番のトヨタ・ランドクルーザーです。

現行ランドクルーザー、通称ランクル200のボディサイズは全長4,950mm×全幅1,980mm×全高1,870mmです。なんと、アセントはあのランドクルーザーよりも巨体なんですね。なんといっても、5m超えの全長ですから。

全幅と全高は大差ないのですが、これはランドクルーザーの驚異的なライバルが君臨しましたね。何より、アセントは新しいプラットフォームと新しいエンジン、新しいエクステリア・インテリアとまさに贅沢の極み。

北米でのスバルは非常に勢いがありますから、この流れに乗じてランドクルーザーのシェアを奪いにきているわけです。

 

対して、現行ランドクルーザーは発売から既に10年と、車業界ではもうおじいちゃんです。ですが、ランドクルーザーには60年近くに渡り積み上げてきた「トヨタ・ランドクルーザー」という最強のブランドがあります。

考えてみてください。世界有数の超巨大企業トヨタが製造し、安心、安全、高い走破性で長い年月の間、たった一度もユーザーを裏切ることのなかったランドクルーザー。まさに最強。

しかし、スバルもこれだけ良い車を作り上げているのですから、少なくともランドクルーザーの購入を検討していたユーザーの何割かをアセントで奪うことはできるでしょう。それだけでも必要十分以上の成果です。

スポンサーリンク

アセントの日本市場投入の可能性

さて、北米市場での戦いはともかく、皆さんが気になるのは、アセントが日本で発売されるのかどうかですよね。正直、非常に厳しいとは思いますが、ゼロではありません。

SUV人気が後押しして、国内メーカーの大型SUVが大ヒットとなれば可能性はあります。しかし、可能性として最も高いのは、マツダが北米市場向けのCX-9の投入は見送り、日本向けにCX-8を発売するように、スバルもアセントの投入はせず、フォレスターをベースに開発したSUVを投入するパターン。

これが一番現実的ではないでしょうか。

もっとも、そもそも日本にはフォレスターで十分という判断が下る可能性もありますけど。ランドクルーザーとの対決然り、日本市場での動向然り、アセントにはまだ目が離せませんね。



スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る