マツダRX-7の中古価格は高い?歴代RX-7の評価を調査してみる

この記事を読んでみようと思った方で、知らない方はいないとは思います。

マツダ・RX-7。華麗な流線ボディーは、日本車史上最高のデザインと評価する人もいるほどです。世界でも希少なロータリースポーツカーとして、中古市場でもプレミア化が始まっています。

そんなジャパンプレミアムピュアスポーツにクルマ好きレンズを向け、クローズアップしてみます。


スポンサーリンク

マツダ・RX-7とは

マツダ・RX-7は1978年から2002年まで製造・販売を行っていたスポーツカーです。最大の特徴は、現在はマツダしか量産化できないと言われる孤高のエンジン、ロータリーエンジンを搭載していることでしょう。

ロータリーエンジンとは何たるか、という説明は必要でしょうか。皆さんよくお分かりだと思いますが、知らない方もいるでしょうから、簡単に説明しますね。

ロータリーエンジンについて簡単に説明

ロータリーエンジンとは、一般的なレシプロエンジンの往復運動ではなく、三角形のローターと呼ばれる部品を回転させることでエネルギーを得るエンジンです。

軽量コンパクトかつ、同排気量のレシプロエンジンと比べて高出力などの長所と、低回転時の熱効率ゆえの燃費の悪さ、部品の摩耗によるエンジン内部のオイル漏れなどの短所を持ち合わせています。

さて、簡単にロータリーエンジンについて説明したところで、RX-7の歴代モデルを紹介したいと思います。

初代RX-7について。評価と中古価格

1878年から1985年まで製造されたのが、記念すべき初代モデルであるSA22C型です。

エンジンは12A型水冷2ローターNAエンジンを搭載しています。最大出力は130馬力と現在ではぱっとしない数値ですが、当時の日本車としてはハイスペックでした。マイナーチェンジによりターボチャージャーを搭載したモデルが追加され、最大出力は165馬力とさらにパワフルになっています。

やはりRX-7の初代モデルというだけあって、素晴らしいスタイリングです。ポルシェ・924と非常に似ていることもあり、アメリカではプアマンズ・ポルシェと呼ばれていました。

私から言わせれば、貧乏人はロータリーエンジン搭載車には乗れないと声を大にして言いたい。まあ、あちらから言わせればいわゆる皮肉なんでしょうけど。

それにしても、この流線型のフォルムは本当に美しいです。全体的に安っぽいという意見や足回りやブレーキ性能がスポーツカーとしては弱いという指摘もありますが、総評としては評価の高い車でした。

現在、旧車としてプレミア価値の高くなっているSA22C型ですが、中古車の平均価格は150万円~250万円ほどとなっています。程度の良さとレストアの有無で価格にバラつきがあるのだと思います。

2代目RX-7について。評価と中古価格

初代RX-7、SA22C型は約7年間販売されましたが、7年を経て発売されたのが2代目FC3S型です。FC3S型では先代SA22Cの欠点を改善すべく、様々な改良を行っています。

エンジンは13B型水冷直列2ローターターボエンジンを搭載し、最大出力は185馬力を発生します。後期型では205馬力、アンフィニ3と呼ばれる特別仕様では215馬力と少しずつ馬力の向上が図られています。

FC3S型もプアマンズ・ポルシェなどと揶揄されましたが、FC3S以降のRX-7のスペックと走行性能には口を閉ざすしかなかったようで、その蔑称とも言える呼び名はだんだんと使われなくなりました。

この車は頭文字Dなくして語れません。とは言いすぎでしょうか(笑)

少なくとも、頭文字Dの影響でFC3S中古の価格が高騰したのは事実です。そんな頭文字Dブームによる中古価格高騰化も落ち着きましたが、現在では平均価格80万円~150万円と、SA22C型と同様、価格にバラつきがありますね。

こちらも車両の状態やエンジンオーバーホールの有無、走行距離などによって価格が定められているようです。販売終了から約25年が経過していますが、今のところプレミア価値がついているような感じではありません。

3代目RX-7について。評価と中古価格

そして、3代目RX-7。皆の憧れFD3S型です。FD3S型は1991年から2002年まで製造・販売されていた、車好きならば誰もが知るピュアスポーツカーですね。

初代から純粋に速さを追い求めた結果、最終型では規制値である280馬力を発生する13B型直列2ローター・シーケンシャルツインターボエンジンを搭載。軽量なボディも相まって、パワーウェイトレシオは5kg/psを下回るハイスペックカーになりました。

友人のFD3S型を運転させてもらったことがありますが、ドライバーをやる気にさせるコクピット、どんなスポーツカーよりも美しいとさえ感じる流麗なスタイリング、そしてちんたら走っているともっと回せと唸る心臓は本当に素晴らしい。

とてもじゃありませんが、公道ではFD3Sの真価は味わえません。

ユーノス・ロードスターと双璧を成すマツダの名車、FD3S型RX-7も、排ガス規制による生産終了から既に15年。じわじわと旧車としてのプレミア価値がついてきたのではないかと思います。

また、メディア人気による車両の海外流出もあり、中古価格はぐんぐんと上昇。現在の平均価格は120万円~260万円ですが、こうしている間にもさらなる価格高騰の波はすぐそこまで来ています。

RX-7は、欲しいと思ったときが買うべきとき

初代SA22C型から3代目FD3S型まで、紹介させていただきましたが、どの型も人気なので中古価格はやっぱり高いですね。

特にFD3S型の価格高騰化は驚くべきスピードで進んでいます。割と落ち着いているのはFC3S型ですが、それでも高いといえば高いです。

どのRX-7もこれから価格が下がることはないと思います。どれも名車としての価値があり、中古車市場に出回っている数も多いとは言えません。

ですから、もう少ししたらRX-7が欲しいな、なんて考えている人は中古車検索サイトを頻繁にチェックしておいた方がよいでしょう。車両を購入する財力と、お金のかかるRX-7を維持する余裕と覚悟がある人は今すぐ購入するべきです。

RX-7は欲しいと思ったときが買うべきとき。思い立ったが吉日ですよ!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る