マツダ・ユーノスロードスターの功績。中古もレストアベースとして人気

スポーツカーにはたくさんの名車がありますが、今回はその中でも、ひと際輝いている名車中の名車を紹介したいと思います。

あなたは、スポーツカーがスポーツカーたる所以を何だと考えていますか?

スピード、コーナリング性能、スタイリング。人によって答えは千差万別でしょうし、きっとこれといった正解はないでしょう。私は、スポーツカーがスポーツカーたる所以を”楽しさ”だと考えています。

それを教えてくれたのが、マツダ(ユーノス) ロードスターです。


スポンサーリンク

世界中に愛された名車、ユーノスロードスター

ロードスターは1989年にこの世に誕生しました。

発売は80年代ですが、この車が最も輝いた時期は90年代でしょう。その当時は大排気量のパワフルなエンジンを搭載したスポーツカーが正義でした。たしかに、速さはスポーツカーに必要な資質のひとつでもあります。

しかし、ロードスターの誕生によってそれは覆されることになります。非力だが扱いきれるパワー、軽量コンパクトなボディ、2シーターオープン、FR。世界中の車好きを魅了した、マツダが誇る名車がロードスターなのです。

 

マツダは昔から”人馬一体”をテーマに車づくりを行っています。ドライバーのステアリング操作やアクセル・ブレーキの加減などを車がくみ取り、素直に反応する。車がまるで自分の手足になったかのような一体感。それをマツダの思惑通りに実現したロードスターは、運転が楽しい車の代表格として後世に語り継がれることになります。

アクセル全開からのフルブレーキング、自分と車の限界ギリギリを攻めたコーナリング。これももちろん楽しいです。しかし、ロードスターの楽しさはそれとはベクトルがまったく違います。

ゆるやかなカーブが続く海岸線沿いや峠道を法定速度で流す、もしくは少しだけ張り切ってみる。自分の思い描いたラインでカーブを曲がることができて、思わずにやけてしまう。

たまには幌を開けて、心地よい風を感じながらドライブ。アクセルをベタ踏みしたワケでもなければ、コーナーを攻めたワケでもありません。でも、これがロードスターの楽しさなんです。

文章力が稚拙で、あまり伝わらないかもしれませんね。そんな人はぜひ一度、ロードスターに乗ってみてください。私の言っていることがきっと伝わると思います。このとき、ATよりMTの方がより強い一体感を感じるはずです。

また、奥田民生さんの”風は西から”という作品があります。この歌はCMにも使用されているマツダのテーマソングなのですが、聴くだけでロードスターに乗ってドライブを楽しんでいるかのようなワクワク感を感じることができますよ。

世界中に、”速さ”だけがスポーツカーの楽しさではないと教えてくれたことが、ユーノスロードスター最大の功績だと私は思っています。ユーノスロードスターほど強く感じることはないかもしれませんが、このスピリットは2代目NB型、3代目NC型、そして4代目ND型にもしっかりと受け継がれていますよ。

スポンサーリンク

ユーノスロードスターの中古価格は?

なんだかポエムみたいになってなってしまったので、気を取り直してロードスターの中古車についてお話したいと思います。

まずはユーノスロードスターの流通台数について。現在、ユーノスロードスターはカーセンサーとグーネットを合わせると、約450台が販売されています。重複している車両を除くと、実際に流通しているのは200~300台くらいでしょう。

数年前まではもう少し流通台数は豊富だったと思うのですが、だいぶ少なくなってきましたね。ユーノスロードスターは最も年式が古い車両になると、20年近く経過しているれっきとした旧車ですから、部品取り車としての購入や海外へ流れてしまっている可能性は高いです。

 

気になるユーノスロードスターの中古価格ですが、現在は40~250万円となっています。1000万円のプレミア価格がついている車両もあって、正直びっくりしましたね。流通台数が少なくなればプレミアがつくとは思っていましたが、まさかこれほどとは・・・。

改造車や過走行車も多いので、現車確認は必ず行ってください。もともとユーノスロードスターはハードなチューニングを施された車両は少ないのですが、社外マフラーや車高調、リップスポイラーなどの簡単な改造を施した車はそれなりにあります。

フルノーマル車両は高いので、これらのライトチューン車両を選択するのもひとつの手だと思います。

レストアベース前提で購入するなら今がチャンス!

ユーノスロードスターは販売台数が多いうえに、その味つけのおかげで過酷な走行をしている車両が少ないため、名車中の名車にもかかわらず現存する中古車が豊富です。最近は値上がり傾向にありますが、それでもバーゲンセールだと言えるでしょう。

さらに、ついにマツダがユーノスロードスターのレストアサービスを開始しました。書類審査がありますが、それを通過すればマツダ本社で新品同様の仕上がりまで復元してくれます。

外観のレストアは25万円で引き受けてくれます。さらにインテリアやエンジン、シャシーやサスペンションに至るまで、ユーノスロードスターを構成するほぼすべての部品のレストアが、オプションメニューとして用意されています。

それら全てを施すフルレストアとなると、価格は485万円と高価にはなりますが、世界に誇る名車中の名車を現代に復刻させることができるのですから、それを考えると決して高くはありません。むしろマツダが直接レストアを手掛けてくれるので、安過ぎるといってもいいくらいです。

 

本格的にユーノスロードスターを購入したいと考えているなら、確実に今がチャンスです。ここ数年であれば、現存するユーノスロードスターは同じ年代のスポーツカーと比べ、比較的多いと言えます。

中古のロードスターを約100万円で購入したとして、485万円のフルレストアを施してもらえば、単純計算すると585万円で、新車同様のユーノスロードスターを所有できることになります。

スポンサーリンク

最後に


現在、ユーノスロードスターを購入する資金がないのなら、購入に向けて少しずつ準備をしておいた方が良いでしょう。数年前とは状況が一変したため、今後ユーノスロードスターの中古価格はさらに値上がりしますよ。

レストアサービスをはじめ、この車へのマツダの愛を感じます。

新車同様のユーノスロードスター、夢があっていいですね。





スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

サイトコンテンツ

  1. 始めに言います。この方法はかなり過激な車買取査定方法です。ギターフリークスでいえばエクストリームモー…
  2. 車を洗ってあなたの心も晴れやかに! 一部のクロカンファンを除き、大抵のクルマ好きなら愛車をいつ…
  3. 車を運転するドライバーにとって、積雪は1番のイレギュラーでしょう。 雪が降ることは自然現象です…

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る