車買取でタイヤの溝は査定額に影響あり?スリップサインが出ている場合

今回は、タイヤの問題です。もうすぐ車検が切れるし、その時売却しようと思っているために、今さらタイヤ交換するのももったいないし、もし売却のとき査定にあまり影響されないのなら、スリップサインが出ているが何とか余分な出費は避けたい。こう思われるのは当然でしょう。高いタイヤを履かせておられる方は、特に思われるでしょう。

もちろんそんな状態になるまで乗っているという問題はあるでしょうが、そこはいったん置いておいてタイヤの溝の深さが査定額にどう影響を与えるのか?スリップサインが出ている場合はどうなるのかが、今回のテーマです。

これも、結果を先に申し上げます。影響されます。その上で車屋はどうするか、どう対処しているのかが次に書く事です。

タイヤの問題で査定を下げたくない車屋さん

タイヤの問題で査定値を下げたくない。これは買取りを行う時の車屋の本音です。え~!と思われた方、当然の反応だと思いますが事実です。一般的に車屋は出来るだけ安く買いたいために、いろいろマイナスポイントを見つけて、査定を下げている。という風に思っておられるでしょうが、実はそれと同時に、出来るだけ高く買い取りたいと思っているのも事実なんです。

一見、相矛盾しているように見えるでしょうが、実はそうでもなく、動機の基は同じです。それは儲け(利益)を得るためなのです。

安く買わないと利益確保が出来ません。でも他所より高い値段を付けないと、買取りできません。買い取れないと利益確保の機会を失います。ほら動機は同じでしょう。でも、動機は同じでも、現実の金額は矛盾します。そこで、これを解決するためにいろいろ工夫をすることになります。

中古車屋の工夫

目の前の車のタイヤ、溝がない、このままでは展示場に出すことが出来ません。どこからか用意しなければなりません。その時どうするか、実はこういう事を予め想定して、用意してあるのです。

用意する機会は幾つかありますが、一番多いのは車をスクラップに出す時です。タイヤの状態が良ければ、外して倉庫に保管しておきます。その他には、時々馴染みの解体屋さんを巡って使えそうなタイヤを格安で貰ってきます。解体屋さんも古タイヤの処理には産業廃棄物として処理にお金もかかりますし、買ってくれるなら助かります。

その他にも、アルミホイル付の車を下取りや買い取りした時、もとの純正のタイヤとホイルを引き取る場合もあります。ユーザーも、使う事の無いかさばるものを自宅に置いておくスペースもないため、不要物処理のつもりで置いていかれます。

いろんな機会を見つけて、使えそうなタイヤをストックしておくのです。倉庫はタイヤで一杯です。でもすべて頭の中に入っています。それでも合うタイヤがない場合、倉庫に眠っているアルミホイル付を使います。タイヤの交換ではなくホイルごと交換してしまいます。もちろんデザイン的にその車に合うと判断して、取り付けるわけです。販売値も、取り付けた姿を見てどのくらいアップにするか考えることになります。

そうやって、タイヤのことで査定を下げることなく、そのぶん他店に負けない値段を出すよう努力しているのです。ただこれはお店によっても違います。はっきり言って中小のお店しかこの様な事はしないでしょう。でもここまで考えているかは正直わかりませんが。

お店のシステムによる違い

大手の買取り専門店は、この様な事はまた別の係が行うことになります。営業と仕入れが完全分離して、隔絶状況にあるところでは別の係が必要になります。営業は自分の役割しかしませんし、仕入れのために無駄な努力はしません。仕入れも営業がどんな仕事をしているかに関心がありません。入ってきた車を展示場に出せる状態にするのは、また別のリフォーム係がが行います。完全分業です。

この様な状況では、査定する車のタイヤに問題があれば査定を下げるしかありません。ただ何ポイント下げるかは、私の情報収集能力不足のためわかりませんが、全く影響を及ぼさないという様な事はない、というのはわかります。これは入ってきた車をリフォームする係の営業努力次第でしょう。

査定に出すユーザーからしたら、ことタイヤの溝の問題については、中小の中古車店の方が有利といえます。ただ安全に影響するものですから、タイヤのチェックはおろそかにしないでください。最近はヤフオクにも中古タイヤが出ています。解体屋さんのホームページにも出ています。少しのお金をケチって取り返しのつかないこともあることを考えると、はや目に取り替えて下さい。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る