スバル360の中古価格はいくら?レストア用の部品はあるのか?

subaru-360-01

1970年に販売終了したにもかかわらずいまだに人気のある車スバル360の人気の秘密とこれからほしい方が果たしてレストアすることができる環境にあるのか。今の中古市場価格はいくらなのか?などをお話いたします。


スポンサーリンク

スバル360とは?

subaru-360-03

スバル360は、1958年にスバル(現富士重工業)によって製造・販売され、スバルの前身である中島飛行機の持つ航空機エンジンや車体の技術を応用した超軽量構造を採用し、また限られたスペースで必要な居住性を確保するための斬新なアイデアを数多く導入し量産型の軽自動車としては史上初めて大人4人の乗車を可能とするとともに、当時の水準を超える走行性能を実現しました。

エンジンは強制空冷2ストローク直列2気筒・356ccエンジンを車体後部のエンジンルームに横置き搭載され、出力は改良が重ねられ18PS、20PSと増加、最終型では25PSまで出力向上しました。

ボディはフル・モノコック構造の超軽量車体後部に空冷エンジンを横置きし、後輪を駆動するリアエンジン・リアドライブ方式を採り、サスペンションは日本で初めてトーションバー・スプリングを採用しました。
タイヤは当時としては異例の10インチサイズ採用しました。比較的買いやすい価格設定と、当時としては十分な走行性や室内スペースを備え、1960年代の日本において一般大衆に広く歓迎され、モータリゼーション推進の一翼を担った車といえます。

ゆえに日本最初の「国民的大衆車」と言われています。同時に「マイカー」という言葉を誕生・定着させ、日本の自動車史のみならず戦後日本の歴史を語る上で欠かすことのできない「名車」と評価され、てんとう虫の愛称で親しまれました。

その人気は生産終了後約50年近く経過していますが、後期モデルを中心に可動車も少なくなく、愛好者のクラブも結成されており、今なおまれに路上を走る姿を見ることができます。またごく少数ではありますが、当時米軍統治下にあった沖縄などに左ハンドル仕様車が販売されていたようです。

スバル360の中古車の価格は?

ネットなどで検索すると確かに50年近く前の車にして結構な台数がヒットします。今回は10社のサイトで検索しましたが多い所では15台ほど販売しているサイトもありました。状態は様々ではありますが、人気のヤングssで150万円前後といった所でデラックスで100万円前後といった所でしょうか。

また、レストアベースになりそうな何とか動く程度の車体は30万円から50万円といった価格帯のようです。

スバル360にレストア部品はあるのか?そして自力で直せる環境は?

やはりこの手の旧車に乗るにあたって一番気になることは、長く乗るための環境ですよね。特にレストアパーツがあるかないかについては一番気になる部分です。そんな中名古屋にあるガレージプレアデスという会社でかなりの種類のパーツがそろっていました。こういう会社があることは旧車好きには大変ありがたいことですね。

これだけあれば後は持ち主のやる気と根気があればこのスバル360は長く乗り続けることができるのではないでしょうか。また、オーナーズクラブなどもありこれもまた、旧車乗りにとってはとても頼もしい方々です。旧車乗りは同じ車種に乗っているだけでとても強い仲間意識が生まれるものですから、そういう仲間を地元で探すのもレストアをする上では大事かもしれません。

スポンサーリンク

スバル360について最後に

subaru-360-02

正しく古き良き日本と言われる時代に活躍した名車スバル360。いまだにたくさんの人々に愛され今なおたくさんの車体が走っている車です。

レストアパーツを扱うショップや長年乗り続けてきている所有者の人など沢山の人々が、これからスバル360を買って直して乗りたいという方にとってはとても心強い味方となってくれるのではないでしょうか。

旧車のいいところはバイクをいじる感覚でほとんどのパーツを自力でレストアにチャレンジできることです。ぜひあなたも当時のスバル360の空冷エンジンのサウンドを後方から感じながら、大人気だったてんとう虫に乗ってみませんか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

当メディアが雑誌に掲載されました

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ピックアップ記事

  1. honda-logo

    【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  2. gtr-porsche

    【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  3. 20160123

    【特集】2016人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛車が…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る