日産新型ノートハイブリッド現る!価格発売日最新情報!

20160109-note1

日産から新型ノートの情報が入ってきました。

なんとビッグマイナーチェンジでハイブリッド化されるというのです!これは期待大ですね。正確に言うと現行の2代目ノートにハイブリッド仕様車が追加されるとのことですが、一体どんな車に仕上がっているのでしょうか?新型日産ノートに迫ります。


スポンサーリンク

 

先を見る日産がいよいよ投入する激戦エリア、Bセグメント!!

今、日産が熱いです!!ここ数年、トヨタやホンダの派手なハイブリッド戦略に隠れ、影でなにやらコソコソと新世代カー作りをしていた日産でしたが、いよいよ動き出します。

近年少しづつハイブリッド車のラインナップを増やしてきた日産。今回ぶっこむのはなんと超激戦区であるBセグメント!なにせ日産はこのクラスのハイブリッドの実績が無い上に、世界的戦略車である日産の大事な孝行息子「ノート」にハイブリッドの冠を授けようというのだからさぁ大変!もう開発陣、販売陣共に常軌を逸したプレッシャーが掛かっていることでしょう。

 

なんてったってこのBセグメント、ビッツやフィット、乗りまくってるデミオ、売れ筋VWコンパクト勢、それに王者トヨタ・アクアなど超強いライバル達がひしめき合い、さらにこのクラスを買うユーザーは鬼の形相で電卓叩きまくってイニシャルコスト&ランニングコストを合わせた車にかかるトータルコストに命賭けてますから、そんなところへこのノート。かなりの白熱戦が予想されます。

トヨタアクア、マイナーチェンジ後のトータルコスト評価は?

すでにアクアやプリウスでたっぷりのユーザーテストをしながら十分な経験と実績を積み、さらに新型ハイブリッドSUVであるC‐HRを展開する王者トヨタ、それに追いつけ追い越せとずっとタメセン張ってきたホンダ。果たして日産はどこまで検討できるでしょうか。

トヨタ・C-HRの発売日迫る!新型ハイブリッドSUVの実力は?

 

実はず~っとデータを収集してた日産勢

nissan-leaf

ハイブリッド=日産という図式を思い浮かべる人がいないと言える中、日産はハイブリッド苦手なんじゃないか?とあなたも思っているかもしれません。

確かにエクストレイルやスカイラインなどもハイブリッド仕様車がありますが、存在感としてはホントに地味です。

 

ところが日産は何年も前から「リーフ」を作り、たくさん販売してきたんですね~。このリーフから得られた電気自動車を取り巻くユーザーデータが日産の持つカード、つまり切り札となることでしょう。

早くから普通に使える電気自動車を現実的な価格で提供し、着々と独自路線を進んできた日産の次の矢がハイブリッドノートという訳です。

 

「やっちゃえ日産!」こちらは電気モーターの特徴である0加速からの最大トルク発揮という特性を生かして日産リーフで走り屋界の名車と言われる180SXを加速で負かそうという日産公式!の動画です。やっちゃえって自社の車やっちゃったらダメでしょう、日産さん。笑 180が可哀想…。

 

新型ノートハイブリッドのメカは?

新しくノートに搭載されるハイブリッドシステムはまだ、これまで日産が採用していたコストの掛かる1モーター2クラッチ方式ではなく、世界的なダウンサイジングの流れを組みシンプルな1.2L直列3気筒エンジン、それにスーパーチャージャーと組み合わせた新機構ハイブリッドを組み込む方式と言われていました。
※スーパーチャージャー。略してスーチャーなんて言ったりもしますが、ターボ全盛の最近の日本ではあまり馴染みのないこのスーパーチャージャー、実は今でも欧州勢のクルマたちにとってはおなじみのメカです。スーパーチャージャーはターボ違い0加速から過給器の恩恵を受けることができるので、効率よく発進することができエンジン回転もスムーズに上昇し、ターボよりも乗りやすいと言われています。これもルノーと提携を組む日産らしいですよね。ちなみにドッカンターボ喜ぶなんて日本人ぐらいじゃないでしょうか?

 

ところが新型ノートハイブリッドの1.2リッターエンジンは走行には加わりません。あくまで発電用として存在します。これは今の技術ではリチウムイオンバッテリーが大変高価なので必要な電力をその都度エンジンで発電して補うという設計思想だからです。

あくまで車に補給するのは従来通りのガソリンなのでインフラ的に安心ですね。十分なパワーを確保しながら燃費も38㎞/L前後(現行プリウス以上!)になりそうとのことで、これは素晴らしいハイブリッドカーがまた日本に増えることになります。

20161024追記

燃費は37.2㎞/Lになる模様です。非常に優秀ですね。

スポンサーリンク

 

新型ノートハイブリッドの価格は?

ノートハイブリッドの価格はおそらく250万円程度になる模様です。ライバルアクアやフィットハイブリッドに真っ向勝負な価格設定でしょう。ハイブリッドですから当然補助金も出ますよ!

 

いよいよ登場のノートハイブリッドの発売日は?

nissan-note-interior

発売が迫るノートハイブリッドですが、おそらく2016年の4月頃になると思われます。

追記・・・発売日は2016年11月に延期されました。

このクラスのコンパクトカーでコケるとメーカーとしては大打撃なので、ものすごいCM流すと思います。

まぁシンプルでクール、そしてインテリな現行ノートのイメージにハイブリッドはピッタリですから、先代の初代ノートとくらべて今まであまり特徴の無かった2代目がピックアップされるのは間違いないと思います。

新しいノートハイブリッドは「e-Power」と呼ばれるそうです。

 

実は私、初代ノートが愛車だったことがありました。なかなか使いやすい、というかそれが1番良いところで、普通に見ると没個性シンプルコンパクトカーでしたが、車としての信念は伝わってくる、視線を世界に向けた小型車でした。

2代目ノートは初代のよりも高級路線に走ったためイメージ戦略的には滅茶苦茶でした。元々ノートなんて車はグレードは1つで十分ですよ。エンジンもミッションもみんな統一が1番、内装も樹脂むき出しでOK!欧州車のような割りきったシンプルさがこの車の良さです。だから初代は車理念がクールでカッコ良かったのに・・・。

しかしここへ来てノートハイブリッドの登場!!今までライバルと比較してセールスポイントが無く、「日産好き」しか買わなかった2代目ノート。鍼治療で起死回生ですな!!

スポンサーリンク

 

思えば日産のハイブリッドは散々だった・・・

nissan-tino

昔、日産はハイブリッド開発に取り組んでいた時期がありました。今から15~6年ほど前でしょうか?そこに「ティーノハイブリッド」がありました。

 

私も大学の講義で日産の技術者と関わる機会があり、そのときにティーノハイブリッドのエンジンルームを見せてもらいました。

ずっと普通のエンジンしか見てこなかった自分にとって、ティーノハイブリッドのエンジンルームは所狭しとぎっしりメカが詰まり配線だらけでまるで何かの工場のようで、触ったら感電死するポイントばかりで恐ろしかった記憶があります。

トヨタがプリウスで販売攻勢をかける中、日産ティーノハイブリッドはツラが恐ろしくブサイクだったことは置いといても、燃費も大したこと無く度重なるトラブルでわずか100台しか販売されず、そのまま生産中止、その後日産は暫くハイブリッドから遠ざかってしまいました。

新型プリウス4代目モデルチェンジに見る日本の職人魂車作り

当時ニッサン党だった私はライバルのトヨタに技術力で水を開けられる日産に対して必死にエールを送るも、叶わずに悔しい思いをしたのを覚えています。

 

ところが日産は業界に先駆けて電気モーター技術に走り、実用車リーフを日本に20万台も展開し、1つの世界を作りました。つまりノートハイブリッドの投入で、今まで死んだふりしてた日産がいよいよ復活というわけです。笑

 

もうすぐライバルのトヨタ・パッソもフルモデルチェンジして来ます。新型ノートハイブリッドに対して、世界がどう反応するのか注目です。

トヨタパッソ新型フルモデルチェンジ!2016年4月にデビュー

 

追記 次期マーチ、フルモデルチェンジ情報をアップしました

いよいよマーチもフルモデルチェンジです。次のマーチはだいぶ変わるようですね。ただ、現時点で次期マーチと騒がれている「SWAY」(スウェイ)が次期ノートに当たるんじゃないかと睨んでいる私です。SWAYがもう少し小さくなるのなら別ですけど。

日産マーチの新型が2018年にフルモデルチェンジで劇的に生まれ変わる

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

当メディアが雑誌に掲載されました

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ピックアップ記事

  1. honda-logo

    【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  2. gtr-porsche

    【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  3. 20160123

    【特集】2016人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛車が…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る