日産フェアレディZ32の評価。少々維持費は掛かるが一度は乗りたい車

日産の自動車の中でも特に長い歴史を誇り、全世界に熱狂的なファンがいるスポーツカー、フェアレディZ。フェアレディZには初代S30から現行Z34まで、今までに5度ものフルモデルチェンジを行っています。

それぞれのモデルにはたくさんの魅力が詰まっていますが、今回は「フェアレディZ」のイメージを大きく一新した名車、フェアレディZ32についてお話をしたいと思います。


スポンサーリンク

バブル期に生まれた高級スポーツ、Z32

フェアレディZは1969年に産声を上げた、日本車の中でも特に歴史のあるスポーツカーです。ロングノーズ・ショートデッキの美しいスタイリング、当時の高級スポーツカーに匹敵する高い動力性能、そして安価な価格。わかりやすい3つの柱で支えられた初代S30は空前絶後の大ヒットを記録しました。

2代目となるS130も、S30の特徴を大きく受け継いだキープコンセプトで世に送り出され、これまた大ヒットを記録しています。

3代目Z31も同様に、フェアレディZの代名詞となるロングノーズ・ショートデッキと高いスペックを実現。しかし、急激な円高によって、Z31は今までのような低価格での販売が困難となってしまいます。このタイミングでフェアレディZは、軽量安価なスポーツカーから高級GTカーへと、コンセプトの変更を余儀なくされることになりました。

Z31で高級GTカーとしての地盤を築くことに成功したフェアレディZは、1989年に4代目となるZ32を発売します。フェアレディZ最大の特徴でもあったロングノーズ・ショートデッキを潔く切り捨て、ボディはロー&ワイドへ。フロントからリアまで、流れるようなボディラインとスーパーカーのようなフロントマスクが、新しいフェアレディZのアイデンティティーとなりました。

3.0LV6エンジンをツインターボで武装したそのパワーはすさまじく、国産車初の280psを達成。日本には長らく280馬力規制というモノがありましたが、Z32はそのきっかけとなった車でした。

バブル期に開発されたということもあり、Z32には膨大な開発資金が投入されています。新開発のエンジンやトランスミッション、さまざまなセンサーから得た情報を元に高度な制御を可能とするスーパーHICASの搭載など、その技術の投入具合と開発側の熱量はまるで80年代版R35 GT-R。Z32はNSXよりも前に誕生した、日本産スーパーカーと言っても過言ではなかったのです。

 

フェアレディZ32のスペック(主要諸元)

全長×全幅×全高 4,525×1,800×1,045(mm)
車両重量 1,550(kg)
エンジン排気量 2,960(cc)
エンジン出力/トルク 280(ps)/39.6(kgm)
トランスミッション 5MT
JC08モード燃費 6.3(km/L)
価格 4,250,000(万円)

こちらがZ32のスペックとなります。

Z32のボディサイズは3代目Z31と比べ、一回り小さなサイズになっています。全幅は広く、全高は低くなっていて、まさにロー&ワイドを突き詰めたプロポーションです。ボディタイプには2シーター、2シーターTバールーフ、2by2、コンバーチブルの4タイプが設定。当時の日産を引っ張っていくためのスペシャリティカーのような存在だったことがわかりますね。

Z32のエンジンは、日産の高級セダンであるセドリックなどにも搭載されていたVG30DE型3.0LV6エンジンと、Z32専用設計のVG30DETT型V6ツインターボエンジン。VG30DE型はNAエンジンなので、最高出力は230ps程度に留まりますが、VG30DETT型の最高出力は280馬力39.6kgmの力強いトルクを発生します。

車両重量が1,550kgですが、これを重いと感じるかどうかは乗り手次第でしょう。どちらのエンジンを搭載しているかによっても大きく変わります。VG30DE型であれば、多少もたつきやパワー不足を感じる人もいるかもしれません。しかし、VG30DETTはアクセルを踏み込めば、ドライバーの自分がマシンに置いてけぼりを食らっているかのような加速力が体感できます。

Z32のトランスミッションは5MT。こちらもZ32専用設計のトランスミッションですが、Z32のスペックを考慮すれば6MTの設定があって良かったのかもしれませんね。

Z32は10・15モード燃費で7.0km/Lです。これでも燃費が良いとはとても言えませんが、JC08モードに換算すると6.3km/Lとさらに激悪。これは大人しく運転する必要がありそうです。

これだけの素晴らしい魅力と性能を兼ね備えたZ32の価格は、約425万円でした。現代の価値で言うとどのくらいなのでしょう。バブル期のスポーツカーですから、現代だと500~600万円くらいになると思います。

スポンサーリンク

Z32の中古価格

2017年12月現在、カーセンサーには97台のZ32が掲載されています。これだけでも決して十分な掲載台数とは言えませんが、この97台のうち、約半数がAT車です。そのため、Z32の5MTの購入を検討するのであれば、しっかりとリサーチする必要があります。

Z32は掲載台数が少ないうえに、過走行車両や事故車が多いです。さらに、年式も古いのでメンテナンスや修理代が非常にかかると思います。

・Z32中古の燃費

上記でもお伝えしたように、Z32の燃費はJC08モードで6.3km/Lと燃費が悪いです。燃料タンク容量は72Lですが、燃費が悪いのでガソリン満タンでも450km前後しか走行することができないことは注意しておきましょう。

また、使用燃料はもちろんハイオクですから、この点も注意してください。ハイオクが140円/Lならば、燃料タンクの2/3給油するだけでも約7,000円が燃料代として飛んでいきます。

・維持費

Z32はNA車もターボ車も3.0Lなので、元々の自動車税が高いです。さらに、最終年式でも登録から13年以上経過しているので、自動車税が15%ほど重課されることになります。具体的に言えば、Z32の自動車税は66,700円発生することになってしまいます。

年式が古いということは車検時にも高いお金がかかりますし、旧車に片足突っ込んでいるだけあって、パーツの欠品もある様子。定期的なメンテナンスや修理代にも高いお金がかかります。

スポンサーリンク

最後に

photo by FotoSleuth

Z32はフェアレディZの印象を大きく変えた名車です。

中古で購入すれば、価格の何倍以上もの価値を感じることができると思います。数は少ないですが、モデル末期の車両であれば状態はそれほど悪くありません。ツインターボの強烈な加速を味わう最後のチャンス、購入を検討している人は急いだ方がいいかもしれませんね。





スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

サイトコンテンツ

  1. 始めに言います。この方法はかなり過激な車買取査定方法です。ギターフリークスでいえばエクストリームモー…
  2. 車を洗ってあなたの心も晴れやかに! 一部のクロカンファンを除き、大抵のクルマ好きなら愛車をいつ…
  3. 車を運転するドライバーにとって、積雪は1番のイレギュラーでしょう。 雪が降ることは自然現象です…

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る