マツダ・新型アクセラが究極のエンジンSKYACTIV-Xを搭載しデビューか

新型アクセラで目玉となるのはSKYACTIV-Xエンジンです。

この究極のエンジンを搭載することで、新型アクセラはどのような車になるのでしょうか。

新型アテンザとともに大注目の一台です。

表紙出展:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/


スポンサーリンク

新型アクセラはどんな車になる?

新型アクセラは現行アクセラと同様、SKYACTIV-GとSKYACTIV-Dの両エンジンを搭載するグレードも設定されるでしょう。

SKYACTIV-XとSKYACTIV-Gに関しては、アテンザよりもボディサイズが小さいので、2L以下の排気量が中心になると思います。

新型アクセラのエクステリアは、ほぼ確実にキープコンセプト。

魂動デザインをさらに突き詰めたデザインとなることがわかっています。Cセグメントの枠組みの中では、アクセラは非常に良いエクステリアだと感じているので、このデザインをさらに深化してほしいですね。

5ポイントグリルの形状はどう変わる?

次に5ポイントグリルについて。現行アクセラのグリルは、フロントマスクの中央に大きく位置していますね。

新型アクセラでは、グリルが横に長く、縦は短くなると思います。言葉で説明するのは難しいですが、5ポイントグリルの最も低い部分、つまりシグネチャーウイングの真ん中が、フロントマスクの中央と重なるイメージ。

一見些細な変更にも感じますが、現行アテンザのようなグリルデザインとなり、上質さが増します。プレミアムブランドを目指しているマツダにとって、高級感は車格に限らず必要となるのです。

マツダスピードアクセラのようなスポーツグレードに期待

新型アクセラのボディ形状は、セダンとワゴンで現行アクセラと同じ。

新型アテンザのようにクーペが投入されるという噂は今のところ耳にしていませんが、セダンが4ドアクーペとなる可能性は十分にあります。

元々マツダは居住性よりデザインや走りの良さを重視しているので、必ずしもないとは言えないのが実情です。ボディ形状ではありませんが、新型アクセラに私が期待したいのはスポーツ走行が楽しめそうなモデル。

過去のアクセラにはマツダスピードと呼ばれるスポーツグレードがありました。2.3Lのターボエンジンを搭載し、FFながら最大出力264馬力のパワーを持つじゃじゃ馬です。

ここまで過激にしてほしいとは言いませんが、ともかくスポーツモデルはぜひとも設定してほしいですね。

新型CX-5の内装をベースに使いやすさを重視

内装に関しては、上質さの向上を第一に変更が加えられると思います。

価格的に考えると、アクセラはターゲットとなる層がアテンザより幅広いと思うので、使いやすさもしっかりと考慮してほしいところ。ベースとなる内装のデザインは、もちろん新型CX-5です。

新型アクセラセダンのスペック予想(主要諸元)

全長×全幅×全高(mm) 4,590mm×1,800mm×1,455mm
車両重量(kg) 1,320kg
ホイールベース(mm) 2,700mm
エンジン詳細 2.0L直列4気筒ガソリン
エンジン最高出力[kW(ps)/rpm]※ 121kW(165ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク[Nm(kgm)/rpm]※ 196Nm(20.0kgm)/4,000rpm
モーター最高出力[kW(ps)]
トランスミッション 6MT/6AT
JC08モード燃費(km/l) 29km/l
価格 約250万円

※1ps=0.736kW    1.359
※1kgm=9.807Nm   0.102

ボディサイズ、ホイールベースに関して、大きな変更点はありません。

車両重量は1,320kgと現行アクセラより70kgほど重く設定しています。理由はSKYACTIV-Xを搭載するからです。

SKYACTIV-Xはマイルドハイブリッドで、モーターを搭載します。さらに、SKYACTIV-G 1.5からSKYACTIV-X 2.0と排気量が拡大するため、その分エンジンの重量が増加しますね。

SKYACTIV-Xの最大出力は、ライバル車となるスバル・インプレッサより少し高めで、最大トルクはほぼ同程度で予想してみました。

燃費性能はSKYACTIV-Xの恩恵を受けて、JC08モードで29km/lと予想。少し夢を見すぎな気もしますが、個人的には現行アクセラ ハイブリッドの27km/lを超えてほしいところ。

スポンサーリンク

今のところ、6MTが廃止されることはない

トランスミッションですが、新型アテンザでは6MTが設定されない可能性があるとお伝えしましたが、新型アクセラに関しては、そのような心配はありません。

アテンザの主なマーケットが日本と北米に対し、アクセラはほぼ全世界。特に欧州は意外にもATが普及していないので、アクセラにMTの設定がないと販売台数を稼ぐことができないのです。

それに加え、アクセラは日本で教習車としての採用率が非常に高いです。アクセラの教習車モデルで自動車学校を卒業した生徒が、マツダに興味を持つことも多いのだとか。この大きなメリットは、マツダとしても見逃すわけにはいきません。

最後に

新型アクセラと新型アテンザはSKYACTIV-Xによって大幅に魅力を増してきます。

今から楽しみですね。

SKYACTIV-Xエンジン搭載の新型アテンザとアクセラのコンセプトモデルが登場



スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る