傷だらけの車を売るにはどうしたらいい?傷は消すと査定額が上がるのか?

どうしたのですか?そんなにいっぱいキズをつけてしまって、お売りになるのですか、そうですね、それだけいっぱいあると、やはりかなり下がるかもしれないですね~。

こんな会話が聞こえてくるようなキズだらけのお車をお持ちの貴方、キズを消すため塗装した方がいいのでしょうか、確かにキズは無いほうに越したことありませんからね。

今回はキズの多い車の査定についてです。

自分でもキズは直せるのでしょうか?

見るのも嫌なせいか、多くの人はどうもついたキズを見ることを避けているようです。どの程度のキズかお聞きしても、どうしてそのキズが付いたかは、説明されるのですが、キズそのものの説明をされた方は少数です。

今回いい機会です、思い切ってちゃんと見て下さい。キズと一口にいっても色々あります。ここでは一応高級車に使われているようなセルフリストアリングコートやスクラッチシールドと呼ばれる塗装のキズは除外して、一般的な車について、自分でもなんとか成るのか、無理なのかを確かめましょう。

実をいうと、一般の方が出来るキズ直しは、限られています。カーショップなどで売られているタッチアップペイントやスプレー塗料、これらを使うと何とかなりそうな気がしてきますが、極々小さなキズならタッチアップペイントも役に立ちますが、目立つ場所や、少し大きなキズだと、かえってそこが目立ってしまうこともあります。

スプレーもなかなか難しく、まず実際の車の色と微妙に違ってくるだけでなく、質感は全然違ってきます。かなり練習しないときれいに塗装することは難しく、塗装にムラが出来たり垂れて来たり、絶対キズがあった方がまだましだったということになりかねません。

治せるキズ・・・簡単

先程見ていただいたキズ、触って見てどうでしたか、キズの部分が盛り上がっていませんか、何かと擦ったのでしょうか。相手の塗料や汚れが付いたのかもしれません。コンパウンドを用いて擦ればきれいになるはずです、あまり力を入れないように優しく擦ってください。これは汚れの様なものです。

盛り上がってはいなくて擦れたようなキズ、水に濡れると消えてしまうもの、これは表面のクリア塗装部分のキズなので、先程のコンパウンドを使えばきれいになります。

治せるキズ・・・ちょっと難しい

今度は触ってみてキズが爪に引っかかるような凹んだもの、何か硬いもので引っ掻いたようなキズです。濡らしてみても消えないものです。

これはタッチアップペイントの出番なのですが、大きさとしては20㎝程度ぐらいまでで、それ以上になると、専門家の出番となります。それもあまり目立たないところが条件です。

タッチアップペイントの使い方は、ここでは省きます。メーカーなどのホームページを見ていただきたいのですが、2・3必要な物もあり、結構時間も手間も掛かることから、お忙しい方には向かないかもしれませんが、塗装代を考えると試してみる価値はあります。コツは磨きです、いかに丁寧に磨くかです。

買取り店はキズをどう見ているのか

買取り店にとってキズはお友達のようなものです。それほど日常的な物だということです。キズがあるからと言って程度が悪いと判断することはありません。

ただ、修理するつまり治すのにどれだけの費用が掛かるのか、という事が一番大事なことで、その費用は買取り店と板金塗装屋さんとの契約によるので、決まったものはありませんし、企業秘密とも言えますが、そこは暗黙の相場というものがあり、大体決まっています。ドア一枚ならいくら、2枚なら、側面なら、という風に決めてあります。

私はキチンとした契約書は作らず、話し合い交渉により決めていましたが、それでも大体まとまるもので、この車なら少し良い塗装をした方がいいと塗装屋さんからの提案もあり。こちらもずいぶん勉強になったりもしました。

金額的には、一般の方にくらべて相当安いです。ここは言いたい気持ちをぐっとこらえて、え~と大体半分よりまだ・・・・・です。

板金塗装屋さんはそれで成り立つのかというとこですが、薄利多売というやつで、毎月必ず一定の仕事あり、車屋さんからの保険による事故修理が入ることもあり。これは板金塗装屋さんにとって実に美味しい仕事で、かなりの利益が得られます。私は日頃のお礼も込めて仕事を回したものですが、不謹慎で、事故を起こされた方には深くお詫び申し上げます。

キズはそのままの方がお得

このように、キズはご自身で直さず、そのままの方がお得になります。あなたが修理されるより中古車店の方がはるかに安く修理してしまいます。貴方が修理された金額を超えて査定がアップすることはありません。

でも初めに示した傷のように、簡単に直せるものは直していくと見栄えも違いますし、印象も随分良くなり、ひいては査定アップを狙う事もできます。

諦めずに出来ることはやっておきましょう。外観はキズが多いかもしれないけど、程度は良いのだと自信をもって、その分中をきれいにして堂々と交渉して下さい。買取り店はあなたが思っているほどには、キズを気にはしていません。ただ直すのにいくらかかるかしか考えていません。彼らの脳内では見違えるようにきれいになった貴方の車がすでに見えています。

 

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る