ETCカードの利用明細を自宅でプリントし領収書として活用する方法

ETCカードの領収書を即日発行できたら便利だなー、なんて思ったことはありませんか?

一般のサラリーマン方なら普通にETCを利用すれば問題ないのですが、法人や個人事業主の方は経理の仕訳で領収書が必要となるため、通常クレジットカード引落ししか選べないETCカードはとても面倒な代物です。

そこでNEXCOや首都高速、阪神高速、本四高速などの利用明細書を自宅で発行できる「ETC利用照会サービス」が活躍します。

ここではその登録方法について解説していきます。


スポンサーリンク

ETCの利用日と引落し日がズレることによる弊害とは

個人事業主や法人がクレジットカードを利用する場合、通常の仕訳ではETC利用日に貸方・旅費交通費、借方・未払金と記録し、料金引落日に貸方・未払金、借方・普通口座という風に2回処理する必要があります。

個人事業主の場合、これを簡略化するためにETC利用日に貸方・旅費交通費、借方・事業主借というように一つにまとめたりします。

ただ、ETC利用照会サービスに登録していないと、上記のように仕訳を簡略化したくても、クレジットカード会社のログインページにETC利用記録が反映されないと利用明細が分からないので、その間仕訳処理ができないという事が起こります。

 

まぁ全てのETC利用料金を区間別に完璧に把握して記録しておけば良いのですが、行きと帰りで利用した高速道路が違っていたり、途中で高速を降りたり、深夜時間帯の割引が適用されたりと、それはそれは物凄い手間が掛かりますから、できれば避けたいところです。

でももう大丈夫。ETC利用照会サービスに登録しておけば、ETCを利用した日に自宅のパソコンから利用明細をプリントアウトすることができるので、ETCに関する仕訳を溜め込むこと無くスッキリします。

仕訳処理など行わない一般家庭でも、クレジットカードの引き落とし日前に高速道路の利用状況を把握していれば、家計簿をつける時にとても便利ですよ。

ETC利用照会サービスの登録方法について

まずはETC利用照会サービスのトップページを開き、「新規登録はこちら」をクリックします。

そのまま進み、利用規定に同意し、メールアドレスを入力し、下のアルファベット画像を入力しましょう。

これで仮登録が終わりました。まもなく仮登録したメールアドレス宛に「仮登録完了のお知らせ」というメールが届きますので、メール本文内のリンクをクリックします。

ETC利用照会サービス新規本登録 -お申込-(登録カード種別選択)の画面が開きます。通常は左の「ETCクレジットカード」と書いてある方をクリックします。

ここでは必要事項を入力します。

入力項目は以下の通りです。

  • ユーザーID
  • パスワード
  • ETCカード番号
  • 上記ETCカードによるご利用年月日
  • 車載器情報
  • 秘密の質問と答え

入力が終わったらページ最下部の「次へ」をクリックします。

注意点として、必ずETCゲートを無線で通過した日を入力して下さい。明細書を発行するためにETCカードを手渡しで精算していた場合、本ページの「上記ETCカードによるご利用年月日」の条件には当てはまりません。

 

以上でETC利用照会サービスへの新規本登録が終わりました。最初の明細が表示されるまではおよそ4時間ほど掛かります。

なお、一度本登録まで済ませてしまえば、以降は一枚のETCカードで違うETC車載器を搭載した車両でETCゲートを通過しても問題なくカウントされます。

実際に履歴を確認して利用証明書を発行してみると

アカウントが反映されれば、何時でも過去のETC利用の履歴を確認することができるので、好きなタイミングで証明書を発行することができます。これは実際に自宅のPCで発行したものです。

このように複数選択して一気に出力することも可能ですし、一枚ずつでもOKです。

スポンサーリンク

まとめ

経理は溜め込むと大変ですが、私はこのETC利用照会サービスを使うようになってから、仕訳処理がとてもスムーズになりました。

それまでは、利用したことを忘れないために早めに明細が欲しくて、ETCゲートの入口ではETCカードを車載器に挿入して通過し、ゲート出口では一般レーンに入り車載器からETCカードを取り出し、係員にETCカードを手渡しして精算すると共に利用明細をもらっていました。

さらに私の車のETC車載器はダッシュボードの小物入れ内に設置してあるので、ETCカードの出し入れが非常に面倒でした。だからこのサービスは本当に助かります。

法人の方はともかく、個人事業主の方や、日々の収支を複式簿記で仕訳処理する人たちには必須のサービスだと思います。





スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

サイトコンテンツ

  1. 始めに言います。この方法はかなり過激な車買取査定方法です。ギターフリークスでいえばエクストリームモー…
  2. 車を洗ってあなたの心も晴れやかに! 一部のクロカンファンを除き、大抵のクルマ好きなら愛車をいつ…
  3. 車を運転するドライバーにとって、積雪は1番のイレギュラーでしょう。 雪が降ることは自然現象です…

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る