2016f1カレンダー 、各サーキットのコース図解説と簡単メモ【前編】

f1-circuit

いよいよ開催が迫る2016F1ですが、レース観戦するときにある程度戦いの舞台となるコース図や概要を知っておくとよりF1観戦を楽しむことができます。

そこで2016年F1の各サーキットのコース図に簡単な解説を加え、全21戦で争われる白熱のレースをもっと深く味わってみましょう。


スポンサーリンク

 

今年から全21レースになったF1グランプリ

今までのF1は年間20戦でしたが今年2016年から初めて21戦に増えました。当然カレンダーは過密スケジュールとなり目まぐるしく戦いの場所が移り変わります。

ただレースを見ていても十分楽しいF1ですが、ここは自動車ファン、クルマ好きとしてぜひコース図も頭に入れておきたいものです。レースゲームをやったことある人なら分かると思いますが、最速ラップを出すにはそのコースを完璧に把握することが求められますよね。

これはレース観戦でも同じで、さすがに完璧に覚える必要はありませんがサーキットの全体像が掴めると「ああ、この直線後のヘアピンが見どころだな」とか「この超高速区間の各マシンのエンジンパワー対決が面白そうだ」とか「ここはインの攻防戦が繰り広げられるデッドヒートポイントだ」とかが分かるのです。

つまりよりF1を楽しむことができるのです!それでは行ってみましょう。

 

ラウンド1 オーストラリアGP 3月20日

オーストラリアGP「アルバート・パーク・サーキット」です。

全長5.303㎞のコースを58周します。最速ラップはミハエル・シューマッハの出した1分24秒15です。

今年の開幕戦はアルバート・パーク・サーキットから始まります。割と単純なカタチをしていますね。

 

ラウンド2 バーレーンGP 4月3日

バーレーンGP「バーレーン・インターナショナル・サーキット」です。

全長5.412㎞のコースを57周します。最速ラップはミハエル・シューマッハの出した1分30秒252です。

直線と急コーナーの多いメリハリの効いたコースですね。

 

ラウンド3 中国GP 4月17日

上海インターナショナル・サーキット

中国GP「上海国際サーキット」です。

全長5.451㎞のコースを56周します。最速ラップはミハエル・シューマッハの出した1分32秒238です。

14番の超高速後のヘアピンコーナーが見ものですね。

 

ラウンド4 ロシアGP 5月1日

ロシアGP・ソチ・オリンピックパーク・サーキットです。

全長約5.9㎞のコースです。

現在3番めに長いロングコースで、市街地コースのようなレイアウトです。

スポンサーリンク

 

ラウンド6 モナコGP 5月29日

モナコGP「シルキュイ・ド・モナコ・サーキット」です。

全長3.340㎞のコースを78周します。最速ラップはキミ・ライコネンの出した1分13秒532です。

世界一有名なサーキットです。市街地メインのテクニカルコースで、このコースほど予選が大事なところもないでしょう。名物ローズヘアピンは見ていて毎回ハラハラします。

 

ラウンド7 カナダGP 6月12日

カナダGP・「ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット」です。

全長4.361㎞のコースを70周します。最速ラップはキミ・ライコネンの出した1分16秒987です。

以前はサーキット・イル・ノートルダムと呼ばれていましたが、1982年に英雄F1ドライバーであるジル・ヴィルヌーブが事故死したことからその業績を称えてジル・ヴィルヌーブ・サーキットと呼ばれるようになりました。彼の息子であるジャック・ビルヌーブもF1ドライバーとなりチャンピオンに輝きました。

 

ラウンド8 アゼルバイジャンGP 6月19日

アゼルバイジャンGP「バクー・市街地コース」です。

全長6.006㎞のコースです。

今回初開催のサーキットであまりデータが無いのですが、90度コーナーが多く市街地コースであることからF1ドライバーたちを苦しめるサーキットと言えるでしょう。

 

ラウンド9 オーストリアGP 7月3日

オーストリアGP「レッドブル・リンク・サーキット」です。

全長4.326㎞のコースを71周します。最速ラップはニコ・ロズベルグの出した1分11秒235です。

あのエナジードリンクレッドブルが所持するサーキットです。直線とコーナー、それにアップダウンも豊富でパワフルなレース展開を見ることができます。

 

ラウンド10 イギリスGP 7月10日

イギリスGP「シルバー・ストン・サーキット」です。

全長5.891㎞のコースを52周します。最速ラップはルイス・ハミルトンの出した1分37秒093です。

歴史あるサーキットで白熱の高速バトルが見ものです。

 

後編につづく

2016f1カレンダー 、各サーキットのコース図解説と簡単メモ【後編】

 

追記

マクラーレン・ホンダ特集を追加しました。

【特集】2016F1マクラーレンホンダの成績、勝てる5つの理由

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

当メディアが雑誌に掲載されました

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ピックアップ記事

  1. honda-logo

    【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  2. gtr-porsche

    【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  3. 20160123

    【特集】2016人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛車が…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る