スカイラインGTR、R32のスペック魅力は凄かった!3つの理由

r32-gtr

かつて一斉を風靡した日産・スカイラインGT-R。そして今回ご紹介する通称R32型と呼ばれるR32GT-Rは今のスカイライン伝説を不動のものにしたエポックメイキングカーです。

「GT-R」は日本のクルマ好きなら知らないものはいないと言われるほど知名度が高く、車の歴史自体にヒストリーがある日本車としては非常にドラマティックカーと言えるでしょう。

今回から数回に分けてこの魅力たっぷりの日産・スカイラインGT-R列伝を語っていきたいと思います。


スポンサーリンク

【スカイラインGT‐R伝説】

日産スカイラインGT‐Rの人気が本格化したのはこのR32型からです。登場から20年以上経つというのに未だに人気が衰えないのは、スカイラインGT‐Rには他の車には真似できない3つの魅力があるからです。

 

伝説の理由①全ては勝つためだけに生まれたサラブレッドだった

1989年、時はバブル経済真っ只中という時代にR32スカイラインGT-Rは生まれました。

前モデルであるケンメリGT-R(KPGC110)より数えて16年ぶりに復活を遂げたGT-Rは、ある使命を帯びてこの世に誕生しました。

 

そう、レースで勝つことです。

当時の日産は大きな企業指標として「901活動」と呼ばれる車体運動性能の底上げ運動を行っていました。その集大成といえる車がR32スカイラインGT-Rでした。

当時日本で行われていた全日本ツーリングカー選手権のグループAに参戦したスカイラインGT‐Rは全てのレースでポールポジション(予選1位)を奪いそのまま優勝、次のシーズンで参加台数を増やし、デビューウィンから全日本ツーリングカー選手権が終わるまでずっと勝ち続け、無敗の29連勝という華々しい成績を上げ伝説となりました。

 

スカイラインGT‐Rは市販車ベースのハコ車(いわゆる普通の乗用車)でありながら勝つべくして生まれ、当然のように勝利をもぎ取っていったサラブレッドのような車だったのです。

 

 

伝説の理由②ハイスペック…それ以上の言葉は無い

ここで日産の取った行動のぶっ飛んでいるところは、「何としてでもレースで勝つ。勝てなければGT‐Rとは言えない」とし、グループAレースで勝つためだけに設計したエンジンの存在がありました。

日産は当時の全日本ツーリングカー選手権グループAのレギュレーション上限いっぱいの直6ツインターボ2.6リッターエンジンを専用設計、そしてそのスペシャルエンジンを具現化したのです。

このツインターボエンジンはRB26DETT型と呼ばれ、軽量化のためにエンジンブロックはアルミを採用するなど、あまりの完成度そしてポテンシャルの高さゆえR34GT‐Rまで末永く使われることになるのでした。

 

またGT-Rの特徴としてアテーサET-Sと呼ばれる優れたトラクションコントロールシステムの存在があります。

アテーサET-Sとは通常は運動性能の高いFR駆動でありながら、後輪のグリップ力が限界に達すると同時に前輪にもトルク配分を行い、一時的に4WDのトラクション性能の高さを併せ持つ次世代システムでした。

この路面コンディションやタイヤグリップに合わせて多板クラッチにより変幻自在にトラクションをコントロールするアテーサET-Sは、のちにスカイラインGT‐Rの代名詞となっていきます。

 

さらにスカイラインGT‐Rはスーパーハイキャスと呼ばれるシステムを搭載、これは後輪までステアさせることで重量級のGT-Rの運動性能を飛躍的に高める機構です。

 

このようにR32GT-Rは出来の良いエンジン、魔法のトラクションシステム、他にもとんでもない機構が組み合わさった、まさに日産の底力、技術の結晶のようなハイスペックマシンでした。

レースでは鬼の速さを見せ、当時の人々に「GT-Rに勝つにはGT-Rでないと無理だ」と言わしめたのです。それほどR32GT-Rの速さは異次元のものでした。


スポンサーリンク

 

伝説の理由③デザインも圧倒的な支持を集めたR32GT-R

R32型スカイラインGT‐Rはその性能だけでなくスタイリッシュな外観も大いに注目され、今では神格化されるまでになりました。

R32GT-Rの外観的な特徴といえば前後に大きく張りだしたブリスターフェンダーの存在が大きいでしょう。

市販状態で16インチというアルミ鍛造ホイールが装着され、幅の広いタイヤを履くために左右に大幅に拡大されたフェンダーはスカイラインGT‐Rの力強い走りを連想するのに一役買っています。

 

また、大型のグリルや丸目2灯リアランプもスカイラインGT‐Rのアイデンティティーですね。実は丸目2灯はスカイラインGT‐Rがオリジナルではないのですが、今ではもうスカイラインGT‐Rのものとなっています。

 

R32はまるで細マッチョのような筋肉質なボディー外観を持ち、見るものを釘付けにし、それまでに残してきたレースでの成績が多くを語らない説得材料となって私たちにスカイライン哲学ともいえる生き様を背中で魅せるオーラがありました。

 

スーパーカーではないところがGT-Rの真の魅力

このように数々の魅力を持つR32スカイラインGT‐Rですが、この車が最初からスーパーカーのような出で立ちで現れていたら、恐らくここまでの名車とはならなかったでしょう。

なぜならスカイラインGT‐Rはベースが普通のセダンであるスカイラインだったからこそ凄い!となったのです。

 

パット見は普通のセダンが少しスポーティーになった車なのかな?と思いきや、いざ走りだすと鬼の速さ、もう誰にも止められない領域まで走り抜けていく「羊の皮を被った狼」だったのですから。

あのポルシェよりも早いと言われながらもベースは普通乗用車というギャップが皆惚れる理由となりました。

 

日本人はあまり主張の強いものを好みません、しかし求道的なものに憧れる資質があり、無言で勝ち続けたスカイラインGT‐Rに男の美学を見たのです。そう、余裕で勝ち続けるGT-Rの背中がかっこ良かったのですね。だからこの車にまつわる歴史は未だにストーリーとして語り継がれています。

このあと間もなく日産のプロダクトは迷走を開始R33GT-Rが登場するのですが、私も一1人の日産党として、いつかまた日産からびっくりするような車が登場してクルマファンの心を鷲掴みにして日産党が増えることを心待ちにしています。

スカイラインGTRのR33はなぜ失敗作と言われるの?3つの理由

 

私もGT-Rに惚れた一人です。車という無機質な鉄の塊でありながら、スカイラインGT-Rはクルマ好きの胸を熱くさせる物語を持っています。こんなに色んな車種と比較される車も無いんじゃないでしょうか?

私は昔グランツーリスモというプレイステーションゲームの一番難しい市販車最強レースでR32GT-Rで勝つということにこだわり、2徹したバカです。笑

 

今ではR32GT-Rよりも魅力的な車は沢山あります。しかしこの車は私にとってやっぱり特別で、時代遅れだとかオタクっぽいだとかそんな野次を全部吹き飛ばすほど好きです。

多くの日産党はこのGT-Rがいたからこそ日産好きになったといっても過言ではありません。

最近では輸入が解禁されたアメリカでR32が静かなブームを起こしていたり、私の知り合いもR32GT-Rをパクられるという悲劇があったりと未だに注目度高しのやっぱりサラブレッドな車が日産R32スカイラインGT-Rなのでした。

【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

当メディアが雑誌に掲載されました

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ピックアップ記事

  1. honda-logo

    【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  2. gtr-porsche

    【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  3. 20160123

    【特集】2016人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛車が…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る