ホンダ新型シビックタイプR登場!モデルチェンジ発売日価格情報

honda-civic-type-r-07

ホンダの人気車種であったシビックに1997年から設定されたスポーツタイプのグレード、シビックタイプR。クルマ好きの中にはシビックタイプRという名を聞いただけで血が騒ぐ人たちがいます。

常に速さを求め革新し続けるシビックタイプRの新型が登場することに。その日程と価格、そして気になる性能とはどのように進化したのでしょうか。

シビックタイプRとは。その歴代の進化

それでは歴代シビックタイプRの進化の歴史を振り返ってみましょう。

初代シビックタイプR

honda-civic-type-r-02

初代シビックタイプR(EK9)の誕生は1997年、6代目のノーマルシビックのスポーツタイプとして赤いエンブレムがトレードマークの「タイプR」を追加設定しEK9として発売されたことでした。

エンジンはB16B型 1.6L 直4 DOHC VTEC (185PS/8,200rpm)を搭載し、トランスミッションは5速MTが組み合わせられました。NSXやインテグラ「タイプR」と同様に、車体重量が軽量化され、エアロパーツ、レカロ製バケットシート、モモ製ステアリング(SRSエアバッグ付き)、チタン製のシフトノブ、専用車体色のチャンピオンシップホワイト等が装備されました。

このチャンピオンシップホワイトはホンダが初めてF1に参戦した時の車体色から名づけられています。

 

2代目シビックタイプR

honda-civic-type-r-03

その後2代目シビックタイプR(EP3)は7代目シビックにフルモデルチェンジから1年後の2001年末に、2代目シビックタイプR(EP3)としてイギリスにある現地法人ホンダ・オブ・ザ・UK・マニュファクチャリング(HUM)のスウィンドン工場で生産され日本に輸出され、輸入車として日本での販売が開始されました。

エンジンはK20A型 2.0L 直4 DOHC i-VTEC(215PS/8,000rpm)、トランスミッションはクロスレシオの6速MTで、シフトレバーは現在ではよく見られますが当時としては異色とも言えるインパネに配置されました。

レカロ製バケットシート、モモ製ステアリングホイールの装備は踏襲しているが、シフトノブはアルミ製に変更されました。 この時期の日本では3ドアハッチバック車の人気は低く、あまり注目されなかったこともあって販売台数も4735台と低迷し、ほかのシビックタイプRと比べて街中で見る機会は極端に少なく感じます。

3代目シビックタイプR

honda-civic-type-r-05

3代目シビックタイプR(FD2)はシビック全体としては8代目となるセダンタイプで2006年10月から公式サイトを立ち上げ、F1日本GPが開催された鈴鹿サーキットにプロトタイプが展示されるなど、発売前からプロモーション活動が展開され2007年3月に発売開始されました。

インテグラ4ドアタイプRが生産終了してから実に6年振りとなる貴重な「4ドアタイプR」でもあり、シビックタイプRとしてはおよそ2年ぶりの登場となり型式はFD2と呼ばれました。

エンジンは2代目と同じK20A型 2.0L 直4 DOHC i-VTECでしたが、吸排気系の見直し、圧縮比の向上などにより、最高出力はインテグラタイプR(DC5)やアコードユーロR(CL7)の220PSに対し、5PS向上の225PS/8,000rpmとなり、10PS以上出力が向上している回転域もありました。内装ではこれまで採用されていたレカロシートでは無く、新たにホンダオリジナルのRspecシートが採用されました。

このタイプRでは初のエンジンスタートスイッチとしてプッシュスタートシステムと呼ばれる仕組みを採用しています。ボディをセダン型としたことにより、今までの3ドアハッチバック型よりも使いやすさなどの面で先代より人気があり世帯持ちユーザーの獲得にも貢献していました。

発売後は1ヶ月での受注台数が約2,100台となるなど、順調な滑り出しを見せたようです。しかし2010年排ガス規制への対応が困難になったとして販売製造を終了しました。

4代目シビックタイプR

honda-civic-type-r-04

4代目シビックタイプR(FN2)は8代目欧州仕様シビックをベースとした3ドアのハッチバックとして登場しました。型番はFN2です。2007年より発売開始しイギリスで生産されました。

エンジンはK20Z型 2.0L 直4 DOHC i-VTECで、最高出力は201PS/7,800rpmとなっています。これに6速MTが組み合わせられ車両重量は1,267kgです。サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアはトーションビームになりました。

2008年11月、2009年春に日本でも台数限定で発売すると発表されましたが、世界的な金融危機の影響によるイギリス工場の稼動休止のために発売が延期されました。その後、2009年11月に「TYPE R EURO」の名称で2009年モデルを2,010台限定で日本国内での販売が開始されました。

色別の台数はホワイト1,050台、レッド810台、シルバー150台でした。

5代目シビックタイプR

honda-civic-type-r-06

5代目となるシビックタイプRの車両は9代目 (FB型) の欧州仕様 (5ドアハッチバック) をベースに最高出力310psを発揮する2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高速度270km/hに達するとアナウンスされています。

アイドリングストップを搭載し、燃費にも配慮しています。 2015年7月にイギリスで出荷が開始され日本では同年9月30日にホームページ内に関連情報を先行公開し、10月28日に公式発表されました。750台の限定販売であるが、購入の際、事前にホームページから商談申込をする必要があり、ディーラーでの店頭販売は一切無かったようです(ディーラーでは商談の申し込みもできない)。

受付期間は翌10月29日から11月23日までで、期間中に限定台数を大幅に超える申し込みがありほしくても買えない状況となりました。その人気には5代目シビックタイプRの出した華々しいニュースが大いに関係していたでしょう。

5代目シビックタイプRはドイツ北西部にあるニュルブルクリンクにおけるFF車両最速を目標に開発されることが発表され、2015年3月、ニュルブルクリンク北コースでタイム測定を行い7分50秒63を記録しました。これは2014年に「ルノー・メガーヌRS.275トロフィーR」が記録したタイムをおよそ4秒程も上回り、ニュルブルクリンク北コースの最速タイムを叩きだし、事実上FF量産車の王者に輝いた瞬間でもありました。だからこその大人気だったのですね。

なお販売台数750台という数は、二ュルブルクリンクでのラップタイム7分50秒台に由来しているそうです。

スポンサーリンク

新型の予想されるスペックとは

honda-civic-type-r-01

6代目となるシビックタイプRの今回のベースは10代目となるシビックで新型のプラットフォームを採用した北米向けモデルをベースに4ドアセダンとなる模様です。今回の新型プラットフォームの中でも特徴的なのはリアサスペンションがトーションビームからマルチリンクになりより走行性能を高めてくれるのではないでしょうか。また、ホイルベースも100mm長くなり2700mmとなり居住スペースの快適性も良い方向に改善されるのではないでしょうか。また、エンジンは現行型と同じ2.0L直列4気筒ターボエンジンを搭載予定です。

発売時期と価格

そんなシビックタイプRの新型の気になる発売時期はベースとなる車両が2017年日本での販売で、2018年末にタイプRが日本発売と予想されています。価格については現行の価格からみて400万円から500万円の間といった所でしょうか。

次期タイプR、今から楽しみですね!

【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

当メディアが雑誌に掲載されました

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ピックアップ記事

  1. honda-logo

    【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  2. gtr-porsche

    【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  3. 20160123

    【特集】2016人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛車が…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る