中古車買取の一括査定老舗のズバットの評判は?平均点の高さが光るサイト

最近はネットで行う一括査定が一般的になってきましたが、つい十数年前までは車を売るということがあまり一般的でなく、お店側が車を「買い取ってあげる」というスタンスでした。

そんな業界が変わるキッカケとなったのがネット一括査定です。そしてズバットはかなり昔の2003年から営業開始と、長い実績あるサービスです。

今回は数ある車一括査定サイトの中で外せない存在のズバット車買取比較の評判をまとめました。

ズバット車買取比較の会社ってどんなところ?

ズバット車買取比較の運営元は東京都に籍を置く「株式会社ウェブクルー」です。会社の創業は1999年です。ズバットの他によく似たサービスである車査定比較.comというものもありますが、中身はほぼ同じと考えて良いです。

他にも、ウェブクルーは比較系のサービスを多数展開しています。自動車保険や生命保険、引越しやペットの保険まで!いろいろな比較サイトを運営していますから、元々業者サービスの比較は得意中の得意なんですね。色々なノウハウを持っている会社です。こんなところも老舗ならではといえます。

因みに、ズバット車買取比較サイトの利用者は今までで300万人を越えているようです。

ズバット車買取比較の良いところ(メリット)

ズバット車買取比較サイトは提携会社もガリバー、ビッグモーター、カーチス、ラビット、アップル、カーセブン等、大きな会社から小さな会社まで220社以上と幅広く、同時査定依頼数も10車なので高額査定が出やすいのがメリットです。これが一括査定を利用する醍醐味ですよね。

ズバット車買取比較サイトを通してはじき出される買取額は、ディーラーなどで行う下取りよりも殆どの場合高額です。運営元のウェブクルーのデータによると、だいたい下取りよりも15~20万円ほど高く売れるようです。それにあなたの地域の買取業者さんを自動で選んでくれますから余計な手間が省けます。

そしてズバットの無料査定を利用する最大のメリットは「すぐに買取相場が分かる」という点ですね。買取業者の中にはすぐに価格を提示しないところもありますが(特に大手の2社)だいたいの会社は教えてくれます。

 

入力フォームも老舗らしくシンプルで約1分で終わります。

  1. メーカー
  2. 車種
  3. 年式
  4. 走行距離
  5. 氏名
  6. 電話番号
  7. 郵便番号
  8. 住所
  9. メールアドレス

これで終わりです。ここで悩む人はいないと思います。シンプル過ぎて拍子抜けしてしまうかもしれません。ズバットはすぐに車を現金化したいという場合にも強いでしょう。

ズバット車買取比較のいまいちなところ(デメリット)

まず電話が多いということが挙げられます。これは私の経験上でもそうですし、口コミなどを見てもそうですね。多くの買取専門店では、他のお店よりも先にお客さんにアプローチをかけたいので、自動電話応対システムを使っています。そのため、査定依頼申し込みと同時に電話がなることは今や当たり前の光景となっています。特に大手の買取業者さんが多いですね。

ズバット車買取比較はカーセンサーのように電話を減らすことができる工夫もできません。そのため一括査定に不慣れな場合は電話の多さに少々戸惑ってしまうことも考えられます。営業の電話がとにかく苦手!という場合は、ズバット車買取比較の利用は見送ったほうが良いかもしれません。

そもそもNO!というはっきりした態度を取ることのできない性格なら、やり手の営業マンに一方的に商談をまとめられてしまいますからネット一括査定サイト自体申し込まないほうが良いと思います。

 

ただ、ズバットサイトを通して掛かってきた電話のお店に対して「次からはメールでお願いします」というと大抵は対応してくれますよ。それでもしつこく電話してくる営業担当は切りましょう。本当にあなたの車を欲している場合もありますが、その時ほど紳士的に対応してくれるはずです。高圧的な態度を取ってくる業者の営業には強い態度で向かいましょう。※殆どの営業さんは好印象です。

それになによりも、本気で車を高く売りたいのなら電話のやり取りは必須ですし、最終的には自らの足で中古車販売店を回る努力も必要です。つまり本気で高く売りたい人にとっては、老舗であるズバット車買取比較サイトは決して外すことはできない選択肢の一つということになります。

ズバット車買取比較まとめ

ズバット車買取比較を利用しても、最後は買取専門店の営業さんと実車の前で直接やりとりすることになりますから、やはり人間同士のコミュニケーション力、つまり交渉力がものをいいます。なぜなら元々査定額の相場なんてものはあってないようなものなので、営業さんのさじ加減でいくらでも変化してしまうからです。

車を高く売りたいのなら、ここらへんのことを事前に心得ておく必要があります。

中古車買取店で高値で売却するための素人でもできる3つの交渉術

結局のところ、ズバット車買取比較の他の一括査定サイトも、中身である提携会社は同じような業者が登録していたりします。つまりある商品をAmazonで買っても楽天で買ってもYahoo!ショッピングで買っても同じ商品なのと同じで、最後は業者選びとなります。

それにあなたの車を欲しがっているお店は刻一刻と変わっていきますから、やはり同時に沢山のお店に車を査定してもらうことが、一番高く売る最も確実な方法といえるでしょう。

 

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る