車買取で査定額が高いところはディーラー?買取専門店?中古車販売店?

ご自身の愛車を売却される時、ディーラー・買い取り専門店・中古車販売店などが一般的ですが、さてその違いは? またそれによって査定額に差があるのか、という疑問にお答えするのが、今回のテーマです。
今回は結論を先にいいます。差あります、でも絶対的ではありません。そこからこの問題を切り開いていきます。最後になるほどと思って頂けたら、成功なのですが。

ここはそれぞれの生い立ちや歴史から見た査定の違いにスポットをあてて、詳しく見ていきます。

ディーラーの中古車査定額

ディーラーの中古車販売は、もともと新車の下取り車対策として発生したもので、中古車販売は付属的な物です。基本的に他社の車はすべてオークションや中古車店に業者販売(業販)という形で処分していきます。残ったいい状態のものを自社の車として展示します。

もう一つディーラーにとって中古車は、自社の車の価値を保つという、側面があります。あまりに自社の車の中古車価格が落ち込むという事は、新車の販売に影響が出てきます。そのため、中古車価格を高く設定しています。

新車を買ってすぐに、自分の車の価値が半分になるとわかっていたら、誰も新車を買わなくなります。相場を高く調整するのはそのためです。

すべてが、中古車を売るということより、新車の価値を高めるために中古車を売っていると言えます。そのため自社の車ならともかく、他者の車には正直冷たくなります。

 

でも新車の下取りとなれば、話が違います。他社から自社の車に、乗り換えてくれるのです。これは力が入ります。携帯会社の他社乗り換えの特典のようなものです。しかし下取り車でなければ通常査定は低くなります。他社の車ならなおさらです。ただたまたま自社の車で在庫不足の時は、相場を無視して買取することもあります。

その情報を手に入れた私は、オークションに出そうとしていたマツダMPVを相場より高く売却したこともあります。ディーラーは細かな利益など時々無視することもあり、中古車専門店とは、社内風土が根本的に違います。

下取りでなくても、お持ちになられる時は必ず、同じメーカーのところにしましょう。

中古車販売店の買取り

中古車販売店の買取りは、昔から自社に並べるために行うのが基本です。しかし昔と違って売れる車がかなり偏ってきました。今までのように軽自動車からマジェスタまでおいていても売れていった時代は遠く、現在は余程広い展示場を持たない限り、その様な販売形態は見られません。

たいがいはRV車・軽自動車・4WD車等専門化しなくてはお客様を呼び寄せられなくなったため、専門店化していっているのが現状です。そうなるとそう都合よく欲しい車が揃えられず、仕入れも年々厳しくなっています。

中古車販売店の買取り基準は、いくらで売れるか、どのくらい早く売れるか、というところです。それ以外はありません。ディーラーと違い中古車専門店はすべての行動が利益に基づいています。

 

もちろんオークション相場も考慮しなければなりませんが、それは自社で並べる事のない車について、重要になってくるのであって、そうでなければ多少UPしても売れると判断すれば、かなりの査定額までいきます。

つまりけっこう波があるというわけです。その波に乗れれば高く買い取ってくれることもあります。

買い取り専門店の査定基準

買取り専門店の歴史は浅いですが、今飛ぶ鳥の勢いで増えています。業界再編により誕生してきたものですが、その規模を武器に徹底した合理化を行い、仕入れ基準もオークション相場を基準にした、独自のものを作り上げてきています。

オークション自体を傘下に抱える企業もあり、急激な拡大の為いろいろ問題はありますが、これからの業界の歴史は彼らが作っていくことになりそうです。

査定基準作成をオークション相場に連動させているために、基準造りに失敗すると大きな損害が出ますが、そうでない限り入社して3ヶ月研修すればまったくの新人でも査定する事ができるようになっています。またちゃんと利益が出るようになっています。あくまでオークション相場が基準ですので、それを超えて査定することは無く、融通が利かない、とも言えます。

 

ただオークションを運営している大きなところは、オークションを盛り上げるため、とにかく出品台数を増やそうとして、今週は買い取り週間とか言っていつもより高く買い取る時があります。盛り上げてオークションの落札量を増やして、その手数料収入を増やそうとするわけです。

そういう時にあたれば、高く買い取ってくれることになります。

結局どっちがいいのか?

高く売れる一発の可能性があるのが中古車販売店です。自社のところに並べる車にいかに苦労しているかというところです。

安定しているのが買取り専門店です。どこでも誰でもさほど変化はなく、極端に損をすることなく、売却できます。

読んでいただければお解かりのように、ディーラーは車の売却にはあまり適したところではないといえるでしょう。

 

でも究極的には、やはり運です。でもそれをあてにしてはいられませんので、これらを考えて、少なくとも3店は査定してもらいましょう。一店で決められる事の無いようにしてください。そうすればある程度納得の金額で売却することができるでしょう。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る