中古車を高く売るのに最適な時期は?税金や車検のタイミングなど総合的に判断すると…

様々な理由で愛車を手放される時、売る時最適な時期ってあるのだろうか、もしあるならいつなのだろう、こんな風に考えることありませんか。

色んな事が考えられますね、税金払う前がいいのか、車検まで乗った方がいいのか、悩みますね。今回はこの売る時最適な時期があるのかの疑問に、答えを出していきます。

中古車のよく売れる時期って何時?

中古車を高く買ってくれるのは、やはりたくさん売れるからということで、この売れる時期は何時かと言いますと、次のようになります。

3~4月

この時期は、新しく社会に飛び出していかれる方が多く、それに伴い通勤などに使うために購入される方も多くなります。

7~8月

この時期はボーナス時期に当たり、出来たら盆休みにどこか行きたいと予定される方も多くなります。

11~12月

この時期は夏と同じく、ボーナス時期に当たりますが、皆さん、どうしても年内にという方が多く、販売店としては一番気を遣う時期でもあります。

 

これらの時期のちょっと前に売ると、高くなる可能性があります。

モデルチェンジに気を付けよう

高く売るというのではありませんが、安くならないように気を付けることもできます。

例えばモデルチェンジです。

売却されようとしているお車、モデルチェンジの予定はありませんか。わからなければちょっと調べてみてください。

通常中古車は、フルモデルチェンジやマイナーチェンジが行われますと、旧型車となる現在の車は値段が下がり始めます。明日から急に下がるという訳ではありませんが、半年ぐらいかけて徐々に下がり、モデルチェンジ確定となってから下がり方が急になっていきます。

モデルチェンジの噂が出始めたら、売却の準備をされた方が良いかもしれませんね。

あなたのお車どの位走っておられますか?(走行距離)

ご自身のお車の走行距離、5万㎞超えておられますか?実はこの5万㎞というのは車査定のターニングポイントになっていて、中古車販売でこれを超えますとなかなか売れなくて、いきおい値段を大幅に下げて、安さで売っていくことになります。

その為、査定価格も下げざるを得ず、もしあなたのお車がまだ5万㎞に達していなければ、それまでに売却された方がいいでしょう。

もし超えてしまっていたら、次は6万㎞を目安にそれまでには、という風に1万㎞ごとのポイントを目安に売却の時期を決めることです。もちろん超えるごとに売り難さは加速度を増していきますが。

車検は受けてから売った方がいいのか

逆です。車検を受ける前に売却されたほうが絶対良いです。検査に掛けた費用は査定に全額プラスされる訳でなく、強制賠償保険は月割りで査定されますが、重量税は返ってきません、丸々損です。

中古車店にとっては、検査が残っている車は新規検査にかかる費用が要らず、安く済むだけでなく、次のお客様から重量税を頂かなくても良い為、お客様にとって諸費用が安く済み、全体として割安感があるためにお店としては売りやすい車です。

でも検査を受けてから売却する方としては、メリットは全くありません

軽自動車の税金について

これは軽自動車だけのことなのですが、軽自動車の自動車税は4月1日現在の所有者もしくは使用者さんのところに、請求されるのですが、これは1年間分一括払いの為、極端な話4月2日に廃車にしても、名義変更しても4月1日現在の方に1年間分の税金が請求されます。税金が返ってくることはありません。

逆に買われる方の立場に立てば、4月1日に登録するのと、4月2日に登録するのには、年間の自動車税を払う必要が生じるか、生じないかの違いになります。もちろん4月2日に登録された方が支払いしなくて済みます。一日違いですが、自家用軽乗用車では登録年の違いにより7.200円または10.800円の差となります。

売却される時は名義変更の余裕を見て、3月の半ばまでには、済まされた方が良いです。

最後にまとめて考えてみよう

これまで以下について考えてきましたが、これからはこれらをまとめて、最適な時期というものが本当に存在するのか、考えていきましょう。

  1.      中古車のよく売れる時期って何時?
  2.      モデルチェンジに気を付けよう
  3.      あなたのお車どの位走っておられますか(走行距離)
  4.      車検は受けてから売った方がいいのか。
  5.      軽自動車の税金について

あなたがもう車に乗られる必要がなく、すぐにでもお車を売却できる状態であれば、上記のどれか三つ程度を考慮されて売却されることが良いと思われます。

ところが検査が残っていてそれまでは乗ることがあるかも知れない時、その時その必要性を押しのけてでもお得になるというような条件が上記にあるかという事ですが、正直なんともいえません。

色々述べた条件のうち具体的な確実性があるのは4番と5番ぐらいなもので、1番については確実というより可能性の問題ですし、2番と3番については可能性が大であるという事はいえますが、じゃあどの位下がるのと言われても、かなり幅を持った言い方しかできなくて具体性に欠けます。

 

まずあなたのお車の必要性がどの程度なのか考えて、その上で具体的な確実性がある4番と5番を考慮した上で、残り1番から3番にかけて一つか二つ考慮して決断されるのがベストだと思います。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る