車の買取で特別に高いところは存在しない理由。あなたが意識するべきこととは…

はい、いきなり暴言的なタイトルですが、これには理由があります。

正確に言うと、「何の努力もナシに楽にお手軽に車を高く売れるところは存在しない」ということが言いたかったのです。

逆に言うと、掛けるべきところに力を入れれば、誰でも自分の車を高く売ることはできます。そんなお話をしていきます。

車の買い取りは買取業者との利益の取り合い

車の買取査定において、あなたの車をいかに高く売るかということは、買取専門業者の思っていることと真逆のことです。つまり買取専門業者はあなたの車をいかに安く買うかということに全神経を使っている会社です。そこで利益が上がるからこそ企業体として回っています。決して慈善事業ではないのですね。

よって買取査定の見積り依頼が1社だけでは安く買い叩かれるのです。これはほぼ100%そうなります。1社による単独見積りでは、あなたの車の買取価格が上がらない確固たる理由があるのです。

オークション相場があるので買取の絶対値は決まっている

買取専門店で出せる車の査定額の限界値は、実は決まっています。それはオークション相場です。通常買取業者さんはあまりオークション相場のことを話しません。といいますかほぼ隠そうとするでしょう。中には堂々としているところもありますが、買取大手になればなるほどこのような傾向があります。

買取店が車を買い取った後は、自社で売るかオークション会場に売るかの2択になります。自社で独自の中古車販売網などを持つガ○バーなどは前者の方法を使うこともできますが、多くの買取専門業者さんはオークション会場で売却します。そのオークション会場では多くの中古車販売店が参加して、セリで車を落札します。参加する販売店の数は数万を越えます!まるでヤフオクみたいなものですね。

だから必ず市場原理に基づいて適正な価格まで釣り上がります。同じようなコンディションの同型車種であれば、ほとんど同じ価格が付きます。だから予めセリに出す車の価格は過去のデータなどから分かってしまいます。これが相場です。そして買取業者さんたちは皆このオークション落札相場データを元に自社利益などを上乗せする計算をして、一般ユーザーであるあなたから適正な価格で車を買い取るのです。

 

つまり査定が終わった後、業者としてはあなたに支払える限界の値段はほぼ決まっている状態なのです。でも決してその値段は教えてくれません。なぜなら教えてしまうと自社の取り分が減ってしまうからです。

じりじり間を詰めて、限界値よりもいかに安く車を買うか?その一点に買取業者さんは命をかけてますから、プロ対素人の1対1の取引では勝負にもならないでしょう。

そのため買取査定は1社だけではなく、必ず複数社に対して見積りを取ります。具体的に言うと5社ぐらいからスタートし、最後は2~3社ぐらいに競わせるのが良いでしょう。あまりにも多くなると買取業者側の負担が増えるので避けましょう。どういうことかというと、業者さんとしてはライバル店が増えれば増えるほど制約できる確率が下がるので、その分買取コストが増え、結果的にあなたの車の査定額を下げざるを得なくなってしまうという事態が起きるのです。

 

あなたのやることは複数の買取店に競い合ってもらい、いかに愛車の買取査定の限界値まで値段を引き上げるかということになります。この点だけは忘れないでください。

中には業者に高く売りつけようとして、オークション落札相場からかけ離れた値段をふっかける素人の方がいらっしゃるようですが、止めておいたほうが身のためです。相手はプロですから、一瞬で素人の戯言を聞き分け、逆にふっかけられて安く買い叩かれるのが落ちです。

あなたがこれから売ろうとしている車には「オークション落札相場ー業者の利益」という、かなりあやふやですが相場のようなものが存在します。オークション落札相場が100万円の車なら、そのに業者の利益およそ10万円を差し引いた90万円が限界値になります。何をどうやっても、この90万円より高く売ることは不可能だと思って下さい。なぜなら業者側としてこれ以上の値段を付けるぐらいなら、最初から買わないほうがマシだからです(笑)。

そして多くの買取店が90万という値段を付けることはほぼ無いでしょう。なぜなら最低でも1台あたり15万以上の利益を取ろうとするからです。だいたい15万~20万円ほどでしょうね。つまりこの場合の車の査定額は80万~85万円となります。

特別に高く買い取ってくれる業者は存在しない

どの会社も民間企業です。会社は利益を上げでなんぼです。これはあなたのお勤めになっている会社もそうですよね。従業員に給料を払って来月も会社をうまく回していくには必ず利益が必要になります。いつも儲けを優先させないと潰れてしまうのが買取業者さんたちです。

だからこそたったの1社、それも自分のところの会社だけに車を売りに来たお客さんは車を安く買える格好のターゲットとして目がギラギラになります。そんな状態では買取相場などないようなものですからどうなるかは上でご説明したとおりです。

でもライバル店がいれば話は別です。それぞれのお店が頑張らないと利益を取ることはできません。出し惜しみすると契約締結できませんので利益は0です。交渉した時間や移動代や情報代が全て無駄になります。だから買取店も粘ります。そこの苦しいポイントを、売る側である私たちは上手に突いていきましょう。ただし卑怯なのはダメですよ。相手を怒らせてしまいますからね。あくまでフェアで公正なやり方で、かつオークション落札相場のことを意識しながら確実に高値を狙っていきましょう。

まとめ

一括査定サービスや、ユーザーオークション代行サービスの登場でだいぶマシになったとはいえ、車買取業界はまだまだ買い手のほうが有利にできています。なぜならどこまでいってもプロVS素人の戦いだからです。

今は昔よりも情報が公開され大分売りやすくなりましたから、このサイトに書かれている注意点にさえ気をつければ一括査定はとても便利なものです。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る