車買取の現実的な相場はいくら?雑誌広告の金額は胡散臭く感じるが…

車の買取で必ずやることになる相場の把握。これから車を高く買い取ってもらいたいという時に、あなた自身が愛車の買取相場を知っていないことには勝負になりません。

よく雑誌などで見かける買取実績の広告の数字などはなんだか信用出来ないですし、胡散臭いですよね。もちろんその数字をそのまま鵜呑みにしてしまっては損してしまいますよ。

今回はリアルにあなたの車の買取相場が分かる方法をお伝えします。これで現実的な買取額がおおよそ検討付くのではないでしょうか。

車の買取相場はどのように決まるか?

車は様々な名義や税金関係でがんじがらめになっているので、素人が簡単に売ることができません。一部ヤフオクなどで車を売る一般の方もいらっしゃいますが、値段交渉や名義変更や売買後のトラブルなど、とてもお手軽に売るというものではありません。

さらに車を売っている中古車業の方々は、車をオークション会場から仕入れてきます。せりですね。中古車業の人も、後々車を買ってくれる一般ユーザーの注目度の高い車であればオークション会場で頑張って競り落とそうとするので、結果的に高値がつきます。そんなことが連続して起きると、その特定の商品、つまり車種の相場が上がっていくというわけです。さらに季節や色など沢山の要因があります。

こうして多くの要因が絡み、初めて車買取の相場が決まります。

販売相場はすぐ分かるが、買取相場は一般人にとって分かりにくい

ここ日本では多くの車が日々売り買いされています。でも一般人にとって、車を売る、つまり買取専門店などに買い取ってもらうのは少々ハードルが高いと思われがちです。その主な理由は相場を把握しづらいということですね。

商品というのはどんなものでも必ず値段があります。あなたの生活を振り返ってみるとイメージしやすいと思いますが、商品を買う時はメーカーが定価などを設けていることが多いので、値段が表示されています。あとは自分の財布の中身と相談して買うかどうかを決めます。

でも商品を売るとなると、明確に値段が決まっているわけではありませんよね。売りたいあなたと、買いたい誰かさんとが合意しないと売買が成り立たないですから。車も同じで、買いたいという人が多くいる商品であれば高値が付きますが、買いたいという人があまりいない商品だと対した金額が付かないということもあります。これは「欲しいか欲しくないか」によるところが大きいと思います。

 

正に需要と供給というやつですね。このように今まで素人にとって大きなスケールである中古車買取の相場を知ることは難しいことでした。でも簡単に相場を知ることができる方法があります。

私のおすすめお手軽相場把握法!

私のおすすめ車買取相場把握術はスマホのアプリを使用することです。

「オトオク」というアプリをダウンロードして、車種、年式、走行距離などを入力すると、95万件以上の取引データから自動的に車両価格が算出されます。

あくまでざっくりとした査定額なので、個人情報などを入力する必要は一切ありません。これなら車の相場などとは全く縁のない一般の方でも手軽に相場を知ることができます。私も利用してましたが、とても便利ですよ。

ただし、このアプリの利用範囲はあくまで相場の把握です。その後アプリ内で出品できたりもしますが、そこから本気で高く車を売るためには、実績のあるより本格的な買取サービスを利用する必要があります。そのための準備ですね。

なお、オトオクはiPhoneでもアンドロイドでもどちらにも対応しています。

まとめ

自分の車の簡単な市場価値を知って心の準備ができたら、後はネットの一括査定サービスなどを利用して正式な査定額を出してもらいましょう。あらかじめ愛車の相場を知っているだけであなたはもう一歩有利なところに来ています。車を高く売るために着々と行動ですね。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る