改造車の中古買取査定は厳しいって本当?セーフな改造とアウトな改造

今回改造車についての話をすることします。買取り査定とか、どこまでの改造がセーフでまたアウトなのかという事なのですが。

ここにひとつ問題があります、実は科が違うのです。同じ中古車でも一般の中古車を扱う私の様な中古車店と、改造車はある意味反対の立ち位置にいると言ってもいいくらい、色んな意味で違います。

想像ですけど、同じお医者さんでも一般病院のお医者さんと、美容外科のお医者さんぐらい違うのではないかと思っています。

一般の中古車店から見た改造車店

一般の中古車を扱うお店から見ると、この手の車を扱う業者さんについては、あまり良いイメージを持っていません。また接点もあまりないのです。

それにはやはり理由があるのです、まずユーザー層が全然違います。それに郊外で改造された車を見かけますが、どうしてこれが公道を走れるのか疑問視するような物もあり、そういうものを扱うとなると、どうしても車両道交法に抵触してしまうのではと思ってしまいます。

そこをどうクリアしているのか、クリアするとなると、あくまでユーザーの責任でおこなったという事にしないと、仕事を続けることは出来ないでしょう。かなりグレーゾーンを歩いておられるように見えます。

その改造も自分で出来るはずもなく、改造を請け負う整備工場があるはずで、そういう工場はどうしても警察や、陸運局に目を付けられて、認可取り消しの対象になっています。そのためどうしても隠れてやっているようで、夜中だけシャッターを閉めて中で作業しているらしいのです。私もいくつか目にしたことがあります。

ディーラーなどは、その様な車は、お店に入ってくること自体嫌がりますし、まして整備工場の中にはたとえオイル交換だけでも、入れようとしません。

セーフの改造アウトの改造

一般の中古車店は、改造された車を嫌います。そういう車を置くとユーザー層が変わってしまうため、一般のユーザーは入り難くなってしまいます。

車自体も、かなり荒く使われたりしたものも多く、現実的にもあまり接点はありません。買取りもお断りすることも多いのが現実です。

ただ改造と言っても決まった定義はなく、新車の時をノーマルとした場合、そこからどの程度変化させたものを改造車というかもはっきりしていません。ここは修復歴車とは違います。改造車は元に戻せるものが多くあります。

そのため、元に戻せるものは出来るだけ戻して並べます。どの程度戻すかはそのお店の判断です。わたしは、かなり戻す方だと思います。純正品でないエアロパーツは、すべて外します。見た目をノーマル状態に戻したいのです。アルミホイールもあまり派手な物はノーマルに戻します、その為タイヤなどは、解体するものでまだ使えるというものは、とっておきます。

 

タイヤに関しては、あまり扁平率の大きいものもNGです。できたら完全ノーマルにしたいところです、わたし以外はこのくらいがかっこいいですよと言うので、我慢することもありますが、元に戻したくて解体屋さん巡りをすることもあります。

大体扁平率60%なんて何の意味があるのでしょう。それ以上の扁平率タイヤを見る事もあります。ハンドリングがシャープになるとか言われていますが、乗ってみると乗り心地は悪いし、時に安定性も悪く落ち着いて運転できないなど、何がいいかよくわかりません。

取り替えた扁平タイヤとアルミホイールは、きれいにして中古品として販売します。新品と比べると三分の一以下の値段で、展示すると結構売れていきます。やはり見た目なのでしょうね。スポーツタイプの車ならいざ知らず、乗り心地を売りにしている車に取り付けるとは、何をしているのだろうかと、思ってしまうのです。

 

その外、マフラーなども間違いなく交換します。基本車検に通らない部品はすべて元通りにします。でも私は、買取りするのはここまでです。これ以上の交換した車、車高を下げた車、エンジンに手を加えたもの、コンピュータを触ったものは絶対買取りしません。元に戻そうと思えば戻せますが。

査定するときは元に戻すための費用を頭の中で計算しています。改造にいくらかかったとか、自慢される方もおられますが、全く興味のない私は、そのお金があればもっといい車に乗れるのにと思ってしまいます。

とにかく幾らお金を掛けたとかは、一顧だにしません。そのような車はやはりその様な専門店に持ち込まれるべきものだと思うのです。普通の中古車屋さんは、特定の狭いお客様層をターゲットにしていませんので、価値はあるのでしょうが、その価値を見る目がそもそも無いのです。

 

まとめますと、一般中古車店にとってのセーフの改造とアウトの改造の境目は、車を飾るために取り付けられたものか、車本体に手を加えた物かの違いになります。車高を下げるため足回りを触った車は、元に戻しても車の剛性に関係しているのでしょうか、軋みが出やすく、どこからともなくギシギシという音がすることもあり、後々の事を考えて、買取りは敬遠するお店が多いでしょう。

人それぞれに良さがある

私自身、改造車自体が嫌いなためなのでしょうが、いかにも改造車というものを買取りした経験はありません。ただ仲間にはそういう車が好きな仕入れ担当はいます。

彼は取引先にそういう改造車専門店を持っていて、そういう車の価値に詳しく、嬉々として買取りをおこないます。横で聞いていると同じ仲間のように話を弾ませ、商談を進めています。お客様も自分の車の価値をわかってくれたという満足感なのか、値段も渋ることなくあっさりと決めて、ひとしきり車の話に花を咲かせて帰って行かれます。

わたしにはとても真似が出来ません。そういう場面に遭遇した時は、すぐ彼にバトンタッチします。人には向き不向きがあります。万能な人間はいません、ニッチな領域に強いというのは、時に強みになるものですね。やはりいろんな人間が居ているのは良いものです。

査定は出来ませんが、キャンピングカーなんかは好きなんですけどね。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る