車の一括査定の買取業者の評判や質が悪いところがあるって本当?

便利な車の一括査定サービスですが、中には評判の悪いところや質を疑われるような業者が混じっているという口コミを見かけることがあります。なんですとぉ~!?

そんな業者は成敗!といきたいところですが、何分こちらは車を売ることにかけては素人です。真正面から向かっていったら歯をおられることでしょう。ではどうするか?

それはチャレンジ精神で多くの査定サイトで見積りを出してみることです。というのも、多くの業者の出す数字を見てみないことには、自分の車の市場価値が見えてこないからです。そんなお話をしていきます。

質悪い?残念ながらどんな業界にも悪質な業者は存在する。

まず、どんな世界にも悪いやつはいます。それはあなたの職場の中でもそうではないでしょうか。いつも悪いことやズルいこと考えているやつ、一定の割合でいますよね?(笑)。それと同じで数多くの優良な買取業者に混じって、いつも評判の悪い業者がいるものです。

また、一口に業者といっても、同じ業者でありながら評判の良い店舗や悪い店舗が存在します。さらに同じ店舗でも善良な営業マンとこずるい営業マンがいるものです。結局最後は人次第ということになります。

ですから、まずはあなたの車の査定を多く出してみて、おおよその相場を掴みましょう。それよりも法外に安かったり高かったりすることは、それすなわち異常値ですから、何かがおかしいというサインです。そこを敏感に感じ取れるようになると強いです。

 

ただそうはいってもこちらは車の査定に関しては、何度も申し上げますが完全に赤子同然です。だから最悪のケースに備えて対策を取っておきます。

 

日本は法治国家。正しい対策をとっておく

ここ日本は民法に守られた法治国家です。契約ごとは口約束でも成り立つ場合もありますが、多くは契約書などの書面によるものです。だから業者との見積りであなたが判断の基準にするべきは、書面の数字だけにして下さい。営業マンの優しい言い回しや、ヒソヒソ話などに浮かれてひょいひょい付いていく高い勉強代を支払う羽目になります。

業者を絞る時は契約書、無ければFAXやメールの文章で判断しましょう。そうしておけば、後で問題が起きたときでも対処しやすくなります。

 

車査定の努力は報われる

買取で高い査定額を出すためには、やはり多くの業者に見積もりを出してもらうことです。それが一番です。ただそうはいっても、100社とやりとりなんてことになったら、あなたの時間が1ヶ月ぐらい無くなってしまいます。そんなことは現実的ではありませんよね。

そのためにネットの一括査定サービスがあります。これではじめから高値を付ける業者を3~5社ぐらいに絞り、そこから吟味していけば良いのです。

一括査定であれば、多くの業者に同時に査定依頼を送ることができるため、たとえ値の付かないような古い不人気車や事故車でも換金できる可能性が高くなります。

 

同じ買取専門店でも複数の一括査定サービスに登録しているところが多いです。だから被ってもいいので、どんどん査定を出してみましょう。車によっては売る季節などのタイミング次第で値段が上下することもよくあるので、臆すること無く最も良い査定額を出してくれる買取専門店を探し出しましょう。

多くのお店を回ることで、悪質な業者の潜む割合はどんどん下がっていきます。向こうも仕事なので冷やかし査定はご法度ですが、真剣に取り組めば必ず結果を出すことができますよ。

 

それでも質悪いヤツとは関わりたくないんだ!という場合

「俺はどうしてもたち悪いやつと関わりたくないんだよぉ!」というあなたは一括査定ではなく、オートバックスの買取サービスや、ユーカーパックを利用すると良いと思います。

ユーカーパックの評判。利用者の苦情が極端に少ないのには理由があった

オートバックスはグイグイな営業トークもありませんし、大手ですから安心安全です。

ユーカーパックはオートバックスよりも競争が起きやすいオークション代行サービスでありながら、従来までのユーザーオークション代行と違って手数料無料、その上電話のやり取りはユーカーパックとだけという優れたサービスです。

本当に車を高く売りたいのなら他のネット一括査定サイトにも申込んだほうが高額査定が出る確率は上がりますが、どうしても…というあなたはこれらのサービスがうってつけと言えます。

【特集】はじめての車買取査定~書類準備や電話交渉、段取りの詳細AtoZ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
合わせて読みたい記事です

スポンサーリンク

特集記事はこちら

feature-01

ランキング記事はこちら

ranking

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【特集】マツダを変えた進化の軌跡。技術、デザイン、企業ビジョンに期待

    近年、一番生まれ変わったメーカーといえるのがマツダです。 日本一欧州に近いメーカーとして、今マ…
  2. 【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  3. 【特集】日産スカイラインGT-Rの軌跡。日本車のイメージを変え世界でゴジラと呼ばれた車

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  4. 【特集】人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛…

自動車ファン掲載雑誌

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ページ上部へ戻る