スズキカプチーノ新型が2017年に登場か?期待の軽スポーツ!

suzuki-cappuccino-new

なんとなんとなんと、私の大好きなメーカー、スズキからあの名車カプチーノが復活決定!との噂が浮上しました!

カプチーノといえば軽自動車でありながらオープン2シーターという珍獣中の珍獣。このカプチーノが新型となって復活となれば日本のモータースポーツワールドは白熱すること間違いなしです!


スポンサーリンク

 

かつて一斉を風靡したスズキ・カプチーノ

suzuki-cappuccino

スズキ・新型カプチーノが来年2017年に登場するようです。最近のスズキさんはまさかと思うような面白車をポンポン出してくるので、これは期待大です。なんてったってインドで乗りに乗っていますからね。一社独自で経営を進めながらしっかり稼ぎ、その上でのスポーツカー作りですから凄いです。

いよいよトヨタがスズキと業務提携!スズキは完全子会社化?

 

スズキ・カプチーノといえばバブル期を代表する軽スポーツカーです。バブルでガッツリ儲け企業体力が余りまくっていた当時の国内自動車メーカーは、ここぞとばかりにバブリーカーを作りました。超高級セダン、ラクジュアリークーペ、スーパーカーなどなど。そうした流れの中で生まれたのが遊び心趣味心全開の軽オープンスポーツカー「カプチーノ」でした。

「スズキ カプチーノ」「ホンダ ビート」「マツダ AZ-1」と軽スポーツ御三家と呼ばれたこの3車は、後にそれぞれが伝説となる存在です。

 

カプチーノはFR方式でパワフルターボ仕様のオープンカー。ビートはMRで自然吸気仕様の楽しいオープンカー。AZ-1はMRで車体がFRP(プラスチック)でガルウィングドア採用、まるでカートのようなの変態カーでした。笑

ビートに関しては後継車であるホンダ・S660が鮮烈デビューしましたよね。
ホンダs660に隠された本当のスペック、それはエモーショナルスペック

 

あのバブリーカー軍団を懐かしむ声も多いのですが、日本の車産業はその後失われた20に突入しますから、売れないくせに莫大なコストがかかる軽スポーツカーなど作れないわけです。

F1大好きチャレンジ大好き技術屋集団のホンダでさえ、一時は「ミニバンメーカー」と言われるぐらい売れる車しか作らなかった時期があるんです。

 

 

カプチーノを出すスズキの思い

suzuki-cappuccino-2

スズキさんはファンを大切にするメーカーです。あのアルトワークスでさえファンのラブコールにより急遽開発がスタート!去年のスズキからのクリスマスプレゼントとして誕生させました。

スポーツカー人気ランキング2016!面白カテゴリ分け大集合!前編

 

だから新型カプチーノも相当面白くなって登場すると思います。ホンダさんはすでにビートの後継として新型ビートとなる「S660」をリリースしています。

これが大好評でカー・オブ・ザ・イヤー選考ではマツダ・ロードスターに敗れ2位という結果でしたが、S660が1位だという声も多いわけですから作った甲斐があるというものです。それにユーザーの求める車像に遊び心いっぱいの面白車の存在感が大きくなっているのですね。

マツダ・ロードスター、新型NDの魅力とみんなに愛される理由

 

こうした背景もあり開発にGOサインがでたスズキ・カプチーノ。やはりスズキさんですからね。電卓叩きまくるわけですよ。そう考えると今スズキはアルトワークスという軽スポーツを持っています。恐らくアルトをベースにしてくるでしょう。

スポンサーリンク

 

スズキ本気のかっ飛び軽!アルトワークス

suzuki-altoworks

このアルトワークスのドライブトレーンがFFと4WDですから、恐らく4WDターボとして生まれてくるでしょうね。かつてのドリドリできるカプチーノとは方向性が違った、現代の楽しい車に生まれ変わって登場となるのではないでしょうか?

 

アルトワークスは720kgという軽量さで非常に優秀なパワーウエイトレシオを誇るかっ飛びカーですが、カプチーノはオープンカーですからね。オープンカーというのはごっそりと剥ぎ取られたルーフによって弱まった車体剛性を強化させるために補強を多く入れる必要があります。そのためちょっと重くなってしまうのは避けられないと思います。

ただ何度も申し上げてますが、新型カプチーノは現代の若い人が面白い!と感じる車に仕上げるべきだと思います。今の若い世代が日本の面白趣味グルマを支持していったらメーカーは活気付き、もっと楽しい世界が待っています。

スズキアルトワークス新型の評価は上々!MT価格も安いし最高

 

スズキというメーカーについて

スズキというメーカーは昔から社長→末端の社員まで一本の筋が通ったトップダウンの完璧なメーカーです。鈴木修会長は現役を退きましたが、まだまだそのDNAは健在です。現場重視だし、面白い!という意見が多くあれば具現化してしまうのです。ただ無駄なことはやらない電卓叩きのコスト重視のメーカーですから、その企業努力が私達が買いやすい車両価格に繋がるわけですね。ほんと有り難いお話です。

 

新型カプチーノが登場すれば、スズキ・カプチーノ、ホンダ・S660、ダイハツ・コペンとなんと軽オープン2シータースポーツカーが3台になります!もうこの時点で後々の自動車史に残る偉業となるでしょう。

 

今から楽しみですね。

【特集】2016人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカー!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

当メディアが雑誌に掲載されました

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ピックアップ記事

  1. honda-logo

    【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  2. gtr-porsche

    【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  3. 20160123

    【特集】2016人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛車が…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る