SUVが人気なのはなぜ?その裏に隠された人の下心とは(笑)

SUV

今、世界的に人気なのがSUVです。

ちょっと、あまりにも人気が凄いのでSUVを取り巻く背景と歴史をピックアップすることにしました。というのも、最近の車メーカーは国を問わず乗用車ベースのSUV(いわゆるクロスオーバーSUV)の企画・開発・生産に取り憑かれてしまったようで、空前のSUVブームです。

一体何故こんな状態になっているのか?その調査記録です。ちなみに最後は核心に迫りまくって凄い展開になってます。笑


スポンサーリンク

 

SUVってそもそもなんだ??

suv-river

 

SUVとはSport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)の略で、スズキ・ジムニーやトヨタ・ランドクルーザーなどのガチガチクロスカントリーや、トヨタ・RAV4やホンダCR-Vなどの乗用車テイストのライトクロカン、はたまた軽自動車のスズキ・ハスラーまで含めた幅広いジャンル、つまりクロスオーバーモデルの事を指します。

もともとはアメリカが発祥で、休日には家族でアウトドアを楽しむために多少の不整地走破能力を乗用車に持たせたもので、少し高い車高と大きな車体が特徴です。※ただし今は小型クロスオーバーの世界的なブームが起きています。

SUVという車カテゴリーに対する世間のイメージは「遊び心」「ステータス」「豊かな人生」「平和」「モダン」って感じですね。堅苦しさがないのが1番の良さだと思います。

ところが、以前の日本では冷ややかな目で見られていたのも、このSUVというジャンルだったのです。

 

以前SUVはアメリカでヒットしたのに日本ではさっぱり売れなかった理由

仕事にも遊びにも使えるSUVと言う車はアメリカで大ヒットし、瞬く間に市場を席巻しました。アメリカで起きたブームはなんでも日本に引き継がれるのが普通です。ところが当初、日本ではあまり売れなかったのがこのSUVというジャンルなのです。どうしてでしょうか。

それはSUVの持つ弱点を知る必要があります。まずSUVは悪路走破性を高めるために車高を上げ、多少ボディーを補強してやる必要があり、タイヤも大径で転がり抵抗空気抵抗共に増すので乗用車に比べてSUVは燃費の面で圧倒的に不利という側面がありました。

 

もっともアメリカでも同じ状況だったのですが、アメリカは石油の単価が非常に安くガロン安の恩恵で燃費など気にするアメリカ人はいなかったんですね。

ところが日本ではガソリン高いですから燃費の悪いSUVのイメージは悪く、何よりも日本という狭い国土では、河原に自由にSUVで乗り入れ一週間テント設営してアウトドアを楽しむなんてできませんから、アメリカのような自由なアウトドアレジャーモデルそのものが成り立たなかったという背景がありました。

 

国や都道府県の管轄である河原に勝手に車で乗り入れ、テントなんて設営したら逮捕されますから当然です。笑 日本ではせいぜいオートキャンプ場に行くか道の駅でロングステイなんて使い方しかできなかったわけです。

そう考えると本国アメリカを羨ましくも思います。ガソリンも安く、なんてったって国立自然公園なんかの超広大な自然フィールドにSUVで乗り入れ、思いっきりアウトドアレジャーをエンジョイできるんですからね。

 

最近ではCO2は地球温暖化の原因ではないなんて学術論文も提出されてますからなにか政治的な意図があるにせよ、燃費信仰にならざるをえない日本の環境が悲しいですね。

それはさておき、さまざまな事情があり販売的にパッとしなかった日本市場でのSUVですが、どうして人気が出てきたのでしょうか?

 

SUV人気は逆境を乗り越え努力した日本メーカーの功績(思惑)だった!!

toyota-mirai

SUV人気の理由の一つとして、日本の自動車メーカーの技術革新がありました。日本のお家芸であるご存知ハイブリッド技術や電気自動車技術、フューエルセル(燃料電池)技術をはじめ、数々の世界一の燃費技術を持つ日本。

その燃費技術を磨きに磨き上げ、毎年どんどん進化させもはや世界のどの国も日本のメーカーの燃費技術に太刀打ち出来ないまでに進化しました。

 

燃費が良いという最高の魅力

10

一般的に車の燃費というものは、その車のあらゆる技術・要素を集結させた工業メーカーの総合力、つまり「通信簿」みたいなもんですから、燃費が良いというのはそれだけで車作りのポテンシャルが物凄い高いレベルにあるという認識を持っていただければ結構です。

そして車そのものはその国の総力を指し示すといっても過言ではないので、優れた車を作れる国というのはそれだけ工業力=軍事力があるということなのですね。まぁここはあまり突っ込むと私が消されてしまいかねないのでこれ以上の言及は避けますが。笑

 

そんな日本自動車メーカーの努力により、燃費面で不利だったSUVが一般ユーザーの許せる範囲の燃費を出せるようになってきたのです。

燃費さえ良ければ楽しい車のほうがいい!そんな風潮と、クロカン=汗臭いというイメージとは違い、SUV=おしゃれでモテるというイメージがすくすく育ち、日本でのSUV人気に火が付きました。

 

簡単なお化粧でバカ売れ!メーカーとしてこりゃ笑いが止まらん!!

suv-transport

SUV人気を支えたもう一つの理由として、車メーカー側は「乗用車の車高を少々上げお化粧したボディーを乗せれば高額で販売できる」というのも大きな理由の一つです。

ガチンコクロカンは頑丈なラダーフレーム+ボディーと設計が大変で製造費も嵩みますが、SUVは基本乗用車ですからあらゆるパーツを使い回すことができます。

 

クロカン並の走破性などユーザーは求めていないので、そこそこの車高と大径タイヤ、それにアウトドアテイストを加えた外装というパッケージを与えるだけでおよそ1.5倍近い販売価格で売れまくるのですからメーカーは笑いが止まりません!!

フィットはヴェゼルに、キューブはジュークに、あっという間にイメージチェンジ!そして簡単にヒット!!外国勢だって負けてません!クロス〇〇!〇〇クロスオーバー!!ぼんぼこ次から次へと出てきます。笑

まぁ私はSUV大好きなんでこの流れは歓迎ですが、多くの人はあまり快く思っていないようですね。それは一体なぜでしょうか。

 

SUVに対して私が思うこと

shitagooro

私は車の車高が少々高い方が日常の使い勝手が良いし、アウトドアテイスト満載なので好きなんですが、それだけの理由で1.5倍の価格で売られたらたまったものではないですよね。SUV買う人はそこんところよーく吟味して、変なこと考えてる車メーカーに教えてあげましょう。

もちろんユーザー視点に立った車開発をしているメーカーはそのまま支持していれば良いと思います。スズキ・ハスラーなんかあれだけワクワクするスタイリングや内容、視点を持ちながら、エントリープライスはベース車両であるワゴンRと同価格なんですから、ほんとにユーザーの気持ちを考えてますよね。

それに対して、2015年にカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたCX-3なんかあくまで中身はデミオのSUVテイストカーなのに、ベースのデミオよりも1.5倍も高いです。

 

カー・オブ・ザ・イヤーカーに対してあれこれ言う人はあまりいませんが、事実ですから仕方ありません。もちろんこのようなケースはいくらでもあります。

ハスラーのような車が増えてくれる分には、長期的に見て日本の車業界、そしてユーザーの視点がどんどん面白くなりますから個人的には大歓迎です。

 

・・・もっと言えば、ハスラーって売る方も買う方も下心感じませんよね?

 

車として目指すべき方向がブレてくると、日本の車はいずれ誰からも相手にされなくなってしまいます。そうして車なんて自動運転でいーやとなるのです。

そういうことです。すがすがしい自動車文化を育て価値ある車を生み出すということは。

下心丸見えの車で溢れた未来と、ワクワク楽しい幸せ感じる車で溢れる未来と、あなたはどちらを選びますか?いえ、どっちが正しいとかはないですし、一部の車だけであればまだ良いのですが。

最近のSUVブームに対して個人的に思ったことをつらつらと述べてみました。

SUV人気ランキング2016!激戦ガチンコ勝負の勝者は誰だ?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

スポンサーリンク

プロフィール

mazda-eunos-roadster

はじめまして。このサイトの管理人、
「アドレナ」と申します。

車雑誌の編集部にモグリで働いていた大の自動車ファンです。
このサイトはクルマあれこれ情報をあなたにお伝えしクルマ選びを心底楽しんで頂くため、そして日本にもっと子供のようなクルマ好きが増えればと思って運営しています。

プロフィールの詳細です。

スポンサーリンク

当メディアが雑誌に掲載されました

zasshi-hyoushi

当メディア「自動車ファン.com」が
株式会社三栄書房「最新クルマサイトの歩き方」に掲載されました。

ピックアップ記事

  1. honda-logo

    【特集】ホンダ新型スポーツカー軍団S660からNSXまで一気に大集合!

    ホンダ怒涛のスポーツカーラッシュ!!このサイトでも取り上げられずにはいられなかったホンダの軽自動車か…
  2. gtr-porsche

    【特集】日産スカイラインGT-Rはいつもポルシェのライバルだった

    日産党って多いですよね。私も以前は日産党でした。そしてGT-Rは昔から大好きな車です。 今回は…
  3. 20160123

    【特集】2016人気車ランキング!軽自動車SUVスポーツカーみんな集まれ!

    ランキング記事特集です。 あなたが気になる今年の人気車を各カテゴリー別に集めました。あなたの愛車が…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る